2008年11月25日

浦和記念予想&JC予想1

短い距離でJBCスプリント2着と頑張ったスマートファルコン、JCを蹴って勝負に来たのは叩き2走目のフィールドルージュ、安定感で負けないトーセンブライト。中央3頭は確実に強い。ただ、トーセンブライトが2000mというのは久しぶりすぎて、評価を1つ下げておく。
本命はスマートファルコン。斤量差が大きい。
地方だが、ナイキアースワーク、アンパサンドの休養の長さを考えると、南関東からはマズルブラストとルースリンドが強い。大外のルースリンドの評価は下げて、マズルブラストを3番手に。
あとはキングスゾーンだが、2000mは少し長い。

11スマートファルコン牡3岩田54
2
2キングスゾーン牡6吉田 稔56
3
3アンパサンド牡4御神本56
4
4フィールドルージュ牡6横山 典58
55クレイアートビュン牡4的場 文56
6
6ナイキアースワーク牡5川島 正56
67トーセンブライト牡7藤岡 佑56
78マズルブラスト牡6戸崎56
79マルカカイザル牡9金子 正56
810オグリオトメ牝3坂井52
811ルースリンド牡7佐藤 裕56

久々に考えて予想できた。自信度★★☆☆☆
三連複5点 1-4-8 1-4-7 1-4-11 1-7-8 1-8-11


武豊の落馬でややこしくなってきたJC。石橋守に替わってあっさり勝つだろうか。もしそうなら、凱旋門賞に乗せておくべきだったとか、どうして武に変えたのかといったことがレース後に言われるだろう。そんな流れにはならないだろう。武の落馬で急遽石橋に戻り、久々のコンビで残念ながら勝てずという感じがする。
しかし、岩田のウオッカもヴィクトリアマイルを負けるような馬が、安田記念、天皇賞秋、JCとは勝てないだろう。
かといって3歳馬ディープスカイは厳しいレースが続きすぎていて疲労が不安だし、だいたい菊花賞を回避するくらいなのだから、2400mがいいとも思えない。それでもオウケンブルースリが逆転できるほど力を持っているとは思えない。
ならマツリダゴッホなのか。本当に難しい。実力は日本トップクラス。しかし東京コースで通用するのかどうか。そして、オールカマーからここに来るという妙なローテーションも気に入らない。よって本命にはできない。
そのほかは実力が劣るとしか思えない。スクリーンヒーローは未知数だが、鹿戸雄一厩舎は開業1年目で、ここを勝つとは思えない。
では外国馬なのか。
戦績を見る限り、強そうなのはペイパルブル。昨年も来た馬だが、昨年は大きく出遅れて7着。しかし今年は馬も成長し、キングジョージ2着など、ひょっとするとかなり実力がついているのではないのか。

◎ペイパルブル
posted by ナイト at 15:03| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください