2008年12月03日

JCダート予想1

今年から阪神1800mダート。どう変わっていくのか。
メンバーから考えて、ヴァーミリアンがトップ。これに対応できそうな馬は中央のこの舞台なら3頭しか考えられない。カネヒキリ、カジノドライヴ、サクセスブロッケン。
では本命はどの馬か。
ヴァーミリアンだが、武豊が落馬で流れがそろそろ途切れる頃とみる。いくらなんでも勝ち荒らしすぎ。強いのはわかるが、そろそろストップがかかりそう。それにはちょうど岩田乗り替わりでタイミングとしてはぴったり。岩田はワイルドワンダーというすごいお手馬がいるのに、あっさり捨ててくるあたりが気に入らない。そんなに簡単に勝たせていいものか。
同じく武豊つながりで、カネヒキリも早々に武蔵野Sだけで見切られていた。
そうなれば残るは3歳2頭。レーティングでJRAに出走させてもらったカジノドライヴだが、日本で1戦しかしていない馬が簡単にG1を勝つというそんな不合理なことがあるとも思えない。
本命はサクセスブロッケン。休み明け初戦のJBCクラシックでいきなりヴァーミリアンと好勝負を演じた。阪神の広い舞台に変われば、この馬のほうが分がありそうな気がする。
外国馬も本命にまでは推せない。ただ、ティンカップチャリスは9戦8勝、2着1回。ひょっとするとものすごく強いかもしれない。

◎サクセスブロッケン
posted by ナイト at 19:46| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください