2008年12月06日

ステイヤーズS&鳴尾記念結果

ゆったりとしたペースで流れていたところに、1周目の3コーナーで早くもフローテーションが先頭に立ち、そのまま最後の直線まで先頭で粘る。しかし、好位から抜け出してきたのは、横山典弘のエアジパング。最後は2頭の叩き合いとなって、結局エアジパングが差し切った。
3着争いは、最後方にいたベンチャーナインが最内の経済コースを通っていつの間にか来ていたが、外から伸びていたトウカイエリートに及ばなかった。

2
4エアジパングセ5横山 典573.48.1
714フローテーション牡3藤岡 佑553.48.1
12トウカイエリート牡8上村57
3.48.5
6
11ベンチャーナイン牡3武士沢553.48.5
3
5ドラゴンファイヤー牡4蛯名57
3.48.6
4
7マキハタサイボーグセ6吉田 豊58
3.48.9
2
3ビエンナーレ牝5三浦55
3.49.2
510トウカイトリック牡6573.49.3
59レッドアゲート牝3中舘53
3.49.4
4
8メイショウクオリア牡3柴田 善56
3.49.5
3
6トレオウオブキング牡7江田 照57
3.49.6
815ゴーウィズウィンド牡9吉田 隼57
3.49.6
816メイショウカチドキ牡8田中 勝573.50.3
612ニシノデュー牡7勝浦57
3.50.3
713ナイアガラ牡5ペリエ57
3.50.4
11メジロコルセア牡6藤田57
3.55.6

結果:-500円


ペースが割と落ち着くかと思われた阪神開幕週だったが、トウショウシロッコがまさかの逃げで、意外に早くなって外差しが決まる展開に。
勝ったのはサクラメガワンダー。このメンバー相手に負けるはずがなかったか。外を回って周りを見ながらの余裕のレース。完勝だった。
そして、最後方にいたナムラマースが復活気配の2着。得意のコースで一気の追い込みが決まった。さらには今年のシンザン記念2着のドリームガードナーも復活の3着と、後方にいた2頭が一緒に追い込んできた。
先行していた馬で粘ったのはノットアローンが4着に。
今年の3歳世代はディープスカイだけでなく、今日も東西メインで上位入線とがんばっている。意外とレベルが高いのか。

816サクラメガワンダー牡5福永561.46.0
713ナムラマース牡4小牧561.46.5
714ドリームガードナー牡3岩田55
1.46.6
4
8ノットアローン牡3ルメール551.46.8
59スウィフトカレント牡7ウィリアムズ58
1.47.3
2
3キャプテンベガ牡5安藤 勝561.47.3
3
5フサイチアウステル牡6赤木56
1.47.4
612フライングアップル牡4ホワイト56
1.47.4
11トウショウシロッコ牡5内田561.47.7
2
4ニホンピロリビエラ牡6川島56
1.47.7
12ホッコーパドゥシャ牡6渡辺56
1.47.8
3
6ブラックカフェ牡8ムルタ56
1.47.8
6
11テイエムプリキュア牝5熊沢54
1.47.8
815ジーンハンター牡6ガルシア56
1.48.1
4
7メイショウオウテ牡6藤岡 康56
1.48.4
510ショウワモダン牡4村田56
1.48.5
817トップオブツヨシ牡5池添56
1.49.2

結果:ワイド360円的中 -140円
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください