2008年12月15日

全日本2歳優駿予想1

2歳ダートの頂上決戦。3歳以降の活躍に直結するとは言い切れないレースではあるが、毎年恒例のJpn1競走。
中央からは4頭だが、2強対決の様子が伺える。Jpn2の兵庫ジュニアGPを制して3戦3勝のスーニと、Jpn3の北海道2歳優駿を制してダート2戦2勝のメトロノース。
本命はスーニ。いくらなんでもルメールが勝ちすぎている。武豊が骨折で乗れないために回ってきた馬でもJpn1を勝つとなると、出来すぎている。よってメトロノースの評価を下げる。
残る中央馬。リスペクトキャットはスーニに完敗している。押さえまで。スズカワグナーは芝で好走し、東スポ杯5着に来た馬だが、どうしてここに来たのか。初ダートでこちらも押さえまで。
となると、あとは怖い地方馬がいるのかどうか。
北海道からはワンダフルクエストが注目か。北海道2歳優駿ではメトロノースに離された3着だったが、展開が向かなかっただけに、差は縮められるだろう。
南関東からはナイキハイグレードか。ここ3戦はすべて楽勝。中央相手にどこまでやれるかわからないが、地方の中では強いほうだろう。
と、この時期の力関係はわからないが、勝ちタイムや成績を見る限りではこの6頭でよさそうか。

11モエレエターナル牝2酒井 忍54
2
2チョットゴメンナ牡2今野55
3
3ワンダフルクエスト牡2五十嵐 冬55
4
4ソウブムテキ牡2柏木55
55スズカワグナー牡2安藤 勝55
56ナイキハイグレード牡2戸崎55
6
7ナサニエル牡2服部55
68リスペクトキャット牡2三浦55×
79ヴァルダマーナ牡2御神本55
710メトロノース牡2ルメール55
811マイネルヘリオス牡2宮下55
812スーニ牡2内田55
posted by ナイト at 18:39| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください