2008年12月26日

中山大障害予想2&ラジオNIKKEI杯2歳S予想&有馬記念予想2

豪華3日連続ジーワン開催。土曜日は中山大障害、日曜日は有馬記念、月曜日は東京大賞典。この3レース、全てメンバーの質が高い。
この中山大障害、コウエイトライは中山では落馬するだろうから出てこないとして、それ以外のメンバーは文句のつけようのない、ベストメンバーが揃った。とはいっても、障害は馬の数が少ないので、ベストメンバーが揃っても、予想に関しては迷わない。
本命マルカラスカルとすれば、相手はエイシンニーザン、キングジョイ、テイエムエース、メルシーエイタイム、スプリングゲントと、あっさり絞れてしまう。
2番手評価はテイエムエース。東京での強さは異常だった。前走は休み明け、大幅馬体重増、厳しい斤量で明らかに叩き台。
3番手はキングジョイ。障害でハイペースとかを考えたことはないが、先行というよりは差しタイプのこの馬。マルカラスカルが逃げるだろうから、人気馬が追いかけて崩れる形となれば、差してくるのはこの馬か。
4番手にメルシーエイタイム。中山GJ2着、昨年の中山大障害1着の実績は文句なし。
5番手にエイシンニーザン。中山GJ5着が物足りなかったが、春の勢いを考えると侮れない。
そして応援するスプリングゲント。カネヒキリ同様に大復活劇があるのかどうか。

11ネヴァートルネード牡6五十嵐63
12マルカラスカル牡6西谷63
2
3ユウタービスケット牡4蓑島63
2
4クールジョイ牡10金折63
3
5エイシンニーザン牡6熊沢63
3
6バローネフォンテン牡8平沢63
4
7ペネトレーター牡7金子63
4
8キングジョイ牡6高田63
59クルワザード牡6穂苅63
510スプリングゲント牡8白浜63
6
11ジュレップセ7柴田 未63
612オープンガーデン牡4江田 勇63
713メルシーエイタイム牡6横山 義63
714テイエムトッパズレ牡5佐久間63
815テイエムエース牡5菊地63
816ハイヤーザンヘブン牡7宗像63

最高のメンバーが出そろった年末の一戦。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 2-15 2-8 2-13 2-5 2-10 8-15


次元が違うレースを繰り返すリーチザクラウンを本命。ここで負けるような馬ではないと信じたい。
2番手に札幌2歳Sを勝ったロジユニヴァース。馬体重が大きく増えた前走の勝利を考えると、まだまだ成長できそうで怖い。札幌2歳Sは完勝だったので、今回のメンバー相手なら馬券は2頭軸でよさそうか。
3番手は、その札幌2歳S2着で京都2歳Sを勝ったイグゼキュティヴと、出遅れて最後すごい脚で追い込んできて2着のファミリズムとで迷ったが、そこまで地方所属馬が活躍し続けるとは思えない。ファミリズムを3番手に。前走のレース内容はファミリズムのほうが上だった。
最後に、新馬で33秒1、東スポ杯で33秒4の上がりを使ったマッハヴェロシティを押さえる。ひょっとしたら勝つ可能性もあるのではないかと思っている。
新馬1戦1勝のロードロックスターはタイムが遅い。
手抜きの予想に見えるかもしれないが、実際これしか書くことが思いつかない。

11マッハヴェロシティ牡2安藤 勝55
2
2スーパーマークン牡2福永55
3
3リーチザクラウン牡2武 豊55
4
4トゥリオンファーレ牡2川田55
55イグゼキュティヴ牡2松岡55
6
6ロジユニヴァース牡2横山 典55
67ファミリズム牝2ルメール54
78ラヴィンライフ牡2長谷川55
79ロードロックスター牡2藤岡 佑55
810ラブミラー牡2浜中55
811トップクリフォード牡2和田55

現段階ではクラシック候補。自信度★★☆☆☆
三連単5点 3-6-7 3-6-1 3-6-5 3-7-6 3-1-6


アルナスラインは真ん中のいい枠に。
続く馬たちを考える。8枠のダイワスカーレットはますます買う気がしなくなっている。間違いなく強いのはこの馬と思っているが、何か買う気がしない。△にする。
となると、マツリダゴッホがやはり怖い。中山での強さは異常だし、JCでも4着に来るあたり、本当に力をつけている。
ふつうにみれば、ここ2頭の勝負と考えたくなる。ただ、どちらも3番手以下の評価に。天皇賞秋があまりに大本命すぎたので、JC、有馬と続けて少し荒れそうな気がしている。
それでは2番手評価はどの馬なのか。
JCで勝ったスクリーンヒーローも成長著しいはずだが、どうもJCはスローペースでタイムも遅く、信頼しにくい。
怖いのはカワカミプリンセス。人気だったエリザベス女王杯や、JCダートでのサクセスブロッケンの敗戦に比べて、人気が落ちたころの横山典弘が怖い。またこのあたりで2着が怖いし、まだ本格的に牡馬の強豪と対戦していない。そういう実力がちょっと未知数な馬が、有馬記念では上位に来る印象がある。
あと人気するのはメイショウサムソンだろうが、捨てる。JCは残念な結果だったし、冬の成績が悪く、全盛期の力は失ったとみる。
まさかステイヤーズS組は上位に来ないだろう。
少し気になるのはドリームジャーニーだが、エイシンデピュティがいなければ、展開の助けもなくなってしまったか。

11カワカミプリンセス牝5横山 典55
2
2ベンチャーナイン牡3柴田 善55
3
3コスモバルク牡7松岡57
3
4エアジパングセ5藤田57
4
5フローテーション牡3ルメール55
4
6エアシェイディ牡7後藤57
57アルナスライン牡4ペリエ57
58スクリーンヒーロー牡4デムーロ57
6
9メイショウサムソン牡5武 豊57
610マツリダゴッホ牡5蛯名57
711ドリームジャーニー牡4池添57
712アサクサキングス牡4四位57
813ダイワスカーレット牝4安藤 勝55
814アドマイヤモナーク牡7川田57



土曜の注目馬

中山11R師走S
フラムドパシオンがようやくオープンにあがってきた。このあたりをあっさり勝って、賞金をもっとためてフェブラリーSに行ってほしいのだが、最近の調子では、全盛期の力を失っていると見たほうがよさそう。
posted by ナイト at 21:24| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください