2008年12月27日

中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S結果 

後続を10馬身以上離しての大逃げでマルカラスカルが楽勝ムード。しかし、大竹柵を越えてからのコーナーでなんと曲がり切れず外ラチへ一直線。なんとか引き返して戻ってくるが、先頭を奪われる形に。これで万事休す。直線でもなんとか粘ろうとするが、メルシーエイタイムに捕らえられてからは5着まで後退。ただ、あれだけの不利があったのに5着に入ったということは、まともに走ればやはり勝っていただろう。
レースのほうは、メルシーエイタイムが捕らえたところに、キングジョイが一気に追い込んできて、昨年は捕らえられなかったメルシーエイタイムをなんとか捕らえて勝利。障害で毎回きっちり最後にすごい末脚で追い込んでくる馬というのは本当に珍しい。
4着にはスプリングゲントが。屈腱炎を乗り越えて8歳での復活で4着。全盛期に走って、G1タイトルを取ってもらいたかった。

4
8キングジョイ牡6高田634.45.0
713メルシーエイタイム牡6横山 義634.45.1
714テイエムトッパズレ牡5佐久間63
4.45.5
510スプリングゲント牡8白浜634.45.5
12マルカラスカル牡6西谷634.45.7
612オープンガーデン牡4江田 勇63
4.47.1
815テイエムエース牡5菊地634.47.4
4
7ペネトレーター牡7金子63
4.47.9
2
4クールジョイ牡10金折63
4.48.4
59クルワザード牡6穂苅63
4.48.7
816ハイヤーザンヘブン牡7宗像63
4.50.9
11ネヴァートルネード牡6五十嵐63
4.51.5
3
5エイシンニーザン牡6熊沢63
4.53.9
2
3ユウタービスケット牡4蓑島63
4中止
3
6バローネフォンテン牡8平沢63
中止
6
11ジュレップセ7柴田 未63
中止

結果:-600円


ちょっと意味のわからないレースになった。タイム、上がりが遅すぎる。
逃げたリーチザクラウンは、距離が長かったのか、調子が悪かったのか、負けた相手が強すぎたのか。それなのに勝ったロジユニヴァースでさえ上がりは37秒1と遅すぎる。それだけリーチザクラウンが前半暴走してハイペースになってしまったと考えると、2着に粘っていることで間違いなく評価できる。とりあえず、実力はあるだろうが、どの程度の馬なのかはもう1戦様子見ということになってしまった。
もちろん勝ったロジユニヴァースも強かった。今日のレースで来年につながりそうなのは今のところこの2頭。
2歳戦はこういう理解しがたい敗戦をすることもあるし、ひょっとしたらそれだけでなく、フサイチホウオーのように、ここから理解しがたいほど弱くなることもあるかもしれない。後者ではあってほしくないのだが。

6
6ロジユニヴァース牡2横山 典552.01.7
3
3リーチザクラウン牡2武 豊552.02.4
4
4トゥリオンファーレ牡2川田55
2.02.6
11マッハヴェロシティ牡2安藤 勝552.02.6
55イグゼキュティヴ牡2松岡552.02.8
79ロードロックスター牡2藤岡 佑55
2.03.4
78ラヴィンライフ牡2長谷川55
2.03.5
67ファミリズム牝2ルメール542.03.9
2
2スーパーマークン牡2福永55
2.05.0
810ラブミラー牡2浜中55
2.06.6
811トップクリフォード牡2和田55
2.31.7

結果:-500円
posted by ナイト at 23:49| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください