2008年12月29日

東京大賞典結果

控える競馬を宣言したサクセスブロッケン。単騎逃げかと思ったフリオーソは出遅れ。考えられないほどのスローペースで、上がりは良馬場地方ダートで35秒台という異例の決着に。
その結果、後方から行ったブルーコンコルドやフリオーソ、そして少し前目につけてはいたがボンネビルレコードの出番はなく、直線に向いて完全にカネヒキリ、ヴァーミリアン、サクセスブロッケンの3頭の叩き合いに。
残り200mでサクセスブロッケンが脱落。内カネヒキリと外ヴァーミリアンの叩き合いに。外からヴァーミリアンが迫ってくるが、最後はスローペースだったため位置取りの差が出たか、わずかに前でカネヒキリが粘って勝利。復帰後ジーワン競走2連勝。
カネヒキリは本当に強いというか、恐ろしい馬。あれだけの怪我を乗り越えて、このメンバーを相手に2連勝。故障さえしていなければ、とてつもない成績を残していたのではないだろうか。結局これでは、ヴァーミリアンの国内6連勝などと騒がれたのは、カネヒキリ不在の間のことであって、価値が薄いものとなった感じだ。

89カネヒキリ牡6ルメール572.04.5
11ヴァーミリアン牡6武 豊572.04.5
78サクセスブロッケン牡3内田552.05.0
810ブルーコンコルド牡857×2.05.4
77フリオーソ牡4戸崎572.05.5
2
2ボンネビルレコード牡6的場 文572.05.6
3
3ブルーホーク牡4坂井57
2.05.7
66クレイアートビュン牡4張田57
2.06.3
55コンバットキック牡3小林 俊55
2.08.9
4
4コンテ牡5桑村57
2.10.1

結果:ワイド550円的中 -350円
posted by ナイト at 17:04| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください