2009年09月11日

朝日CC予想

思い切った予想をすると決めているこのレース。開幕週のレースで、しかも天気予報は雨となっている。先行馬しか狙わない。よって、アルコセニョーラ、エリモハリアー、エーティーボス、シルバーブレイズ、テイエムアンコール、ブレイクランアウト、ベッラレイア、マルカシェンク、モンテクリスエス。人気するであろう馬も多く含まれるが、まとめて捨てる。
残った馬を順番に。
逃げるのはコスモプラチナか、キャプテントゥーレか。コスモプラチナは小倉記念のレース中に心房細動を起こして大敗。体調が戻っているか不安だが、同じコースのマーメイドSを逃げ切っているので、怖い存在。キャプテントゥーレは復帰戦の関屋記念で強い内容の4着。ただ、マイルがベストと思っているので、この2000mではどうなのか。それでも皐月賞馬。故障明けの前走の反動がなければ、好勝負できるだろう。
クラウンプリンセスは小倉記念3着だが、本来は2000mは長いだろうし、雨が弱いので捨てる。
では、新潟記念2着のサンライズベガか。不良馬場の勝利もあり、雨も距離も問題ない。問題は、54キロの前走から2キロプラスでどうなるか。
同じ条件のデストラメンテだが、特に強い馬ではないだろう。雨は得意だが、1600万を不良馬場でぎりぎり勝った程度。重賞なら厳しいか。
JC以来のレースとなるトーホウアラン。昨年はこのレースを2番手から進んでドリームジャーニーの2着に。長期休養明けで強くは推せないが、実績は文句ない。
最後にマストビートゥルー。2000mは少し長いが、このメンバーなら押さえには。
と書いてみると、先行馬が外に集まりすぎていることが気に入らない。開幕週なら内の馬場がまだまだきれいなのに、外の馬を狙うのはどうなのか。ということで、最初にまとめて捨ててしまった差し馬で、内枠の怖い馬がいるか検討する。
となると、実力がありそうなのは2枠の2頭、アルコセニョーラとマルカシェンク。狙うはマルカシェンク。アルコセニョーラは、古馬相手となるとハンデ戦でしか好走していない。別定でこの馬は基本的には消しでいいのかもしれない。
マルカシェンクは距離が多少長いかもしれないが、それより問題なのはスタート。一時は逃げたり先行していた馬なのだから、スタートが決まれば一発あってもおかしくない。そして、前走が新潟記念の馬で、今回斤量が軽くなっているのはこの馬だけ。逆転の可能性はある。

11エリモハリアーセ9佐藤 哲58
12モンテクリスエス牡4安藤 勝56
2
3アルコセニョーラ牝5四位55
2
4マルカシェンク牡6柴山57
3
5シルバーブレイズ牡5小牧56
3
6キャプテントゥーレ牡4川田56
4
7エーティーボス牡556
4
8トーホウアラン牡6鮫島57
59ベッラレイア牝5岩田54
510クラウンプリンセス牝5太宰54
6
11ブレイクランアウト牡3藤田53
612コスモプラチナ牝6和田54
713デストラメンテ牡5浜中56
714マストビートゥルー牡6武 豊56
815テイエムアンコール牡5福永56
816サンライズベガ牡5池添56

実績馬が多く揃っているが果たして。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 6-16 4-6 6-8 6-12 6-14 4-16
posted by ナイト at 12:04| Comment(0) | 2009年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください