2009年09月29日

東京盃予想&スプリンターズS予想1

バンブーエール、ヴァンクルタテヤマ。1200m戦ならこの2頭が中心でいいかと思うが、気になるのはスーニ。レベルの高い今年の3歳馬だが、1200mはどうなのか。たしかに2000mでは長いが、1200mは短くないだろうか。
本命はバンブーエールに。斤量差を考えると圧倒的にヴァンクルタテヤマ有利なのだが、外枠の幸は信用できない。大崩れしないのはバンブーエールなのではないだろうか。ここ3走は59キロを背負っていたが今回は58キロに減っていることも好材料。
かといって、残る中央馬はおなじみのリミットレスビッドとメイショウバトラー。バトラーは1200m戦では捨てる。前走は相手が弱すぎて3着だったが、今回の相手ならこの距離は厳しい。
あとは地方馬だが、大井1200mにめっぽう強いフジノウェーブだが、2年前のJBCスプリントを勝った時ほどの勢いがない。春の東京スプリントでも今回と比べて確実に弱いメンバー相手に3着。しかも今回はテン乗りの的場文男。評価は控えめに。
残る地方馬では、5連勝中と勢いに乗るノースダンデーを押さえる。1200mは短そうだが、マイルなどで南関東の強力なメンバー相手に勝利しているので、地力はありそう。
夏に同じコースの東京スプリントで4着に来たポートジェネラルだが、今回はメンバーが強くなっている。よくて掲示板までとみる。

11ポートジェネラル牡6赤岡56
12ケイアイジンジン牡3戸崎54
2
3リミットレスビッド牡10岩田57
2
4キャプテンハート牡5尾島56
3
5バンブーエール牡6松岡58
3
6ベルモントサンダー牡8今野56
4
7メイショウバトラー牝9武 豊54
4
8スーニ牡3川田54
59フジノウェーブ牡7的場 文58
510プライドキム牡7川島 正56
6
11ノースダンデー牡4左海56
612トーセンザオー牡9山本 聡56
713ニックバニヤン牡4石崎 駿56
714ディアヤマト牡4坂井56
815ヴァンクルタテヤマ牡756
816トーセングラマー牝5繁田54

◎と○は分けたが、2頭は信頼できそうか。自信度★★☆☆☆
三連複6点 5-8-15 5-9-15 5-11-15 3-5-15 5-8-9 8-9-15


スリープレスナイト回避、引退で一気に予想が難しくなった。出てきてくれたなら、あっさり本命に指名してこの予想1を終える予定だった。
では順番に。
セントウルS組で本命候補はアルティマトゥーレ。ローレルゲレイロはスプリントG1を連覇できるほどの馬とも思えないし、前走の大敗も気がかり。マルカフェニックスはさすがに実力不足か。カノヤザクラは今年も夏がピークだっただろう。
夏に好走した馬で怖いのはビービーガルダン。休み明けのキーンランドCを快勝。昨年2着馬のリベンジなるか。ただ、地味な父チーフベアハート産駒では、今年のG1はマイネルキッツで限界ではないだろうか。そんなに多くG1を勝てるとも思えない。それに、3200mと1200mのG1を勝つというようなことは起こらないだろう。
では函館スプリントSを勝ったグランプリエンゼルだが、さすがに前走キーンランドCでビービーガルダンに離されすぎた。ここでは厳しいか。
休み明けのキンシャサノキセキのいきなりの好走も厳しいだろう。
そのほかの日本馬では実力の抜けた馬が見当たらない。
ならば外国馬シーニックブラスト。明らかに実績は今回の日本馬より上だが、日本の馬場がどうなのか。1分8秒台の時計しか持っていないこの馬を本命にするのは少し勇気がいる。
よって本命はとりあえずアルティマトゥーレでいく。

◎アルティマトゥーレ
posted by ナイト at 10:42| Comment(0) | 2009年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください