2010年04月09日

阪神牝馬S&ニュージーランドT予想&桜花賞予想2

1400mの牝馬限定戦。やっぱりこの距離ならワンカラットを狙いたい。
京都牝馬Sで有り得ない鬼脚を見せたヒカルアマランサス。やはりあの脚を見せられては、斤量が一気に増えるといっても狙いたくなる。
逆に2着ベストロケーションは展開に恵まれての2着。距離短縮は好材料だろうが、実力不足ではないだろうか。
1600万でヒカルアマランサスに勝ったことがあるラドラーダ。休み明けで評価は下げるが怖い。
六甲Sで古馬相手に3着と頑張ったプロヴィナージュは気になる。
その六甲Sでは休み明け初戦で敗れた秋華賞2着馬ブロードストリート。しかし、1400mは短いように思われる。それに、56キロを背負うのも嫌う。
あと面白いのはアイアムカミノマゴ。前走は3歳牝馬ながら古馬の牡馬相手にオープンを勝利。この距離ならワンカラット同様に通用する可能性はある。
カノヤザクラはやっぱり1400mは長いのではないだろうか。

1枠1番カノヤザクラ牝6小牧55
1枠2番ストリートスタイル牝5浜中55
2枠3番サンクスノート牝5川田55
2枠4番ベストロケーション牝5木幡55
3枠5番グランプリエンゼル牝4熊沢55
3枠6番コウユーキズナ牝6松田55
4枠7番アイアムカミノマゴ牝4秋山55
4枠8番キルシュブリューテ牝6吉田稔55
5枠9番ワンカラット牝4藤岡佑55
5枠10番デリキットピース牝4柴田善55
6枠11番プロヴィナージュ牝5佐藤55
6枠12番ヒカルアマランサス牝4内田55
7枠13番サンレイジャスパー牝8難波55
7枠14番ショウナンラノビア牝7岩田55
7枠15番ブロードストリート牝4藤田56
8枠16番トールポピー牝5池添56
8枠17番ラドラーダ牝4安藤勝55
8枠18番ウエスタンビーナス牝7和田55

ワイド5点 9-17 9-11 9-12 7-9 11-17
自信度★☆☆☆☆


NHKマイルCへの前哨戦。現段階の評判では、ダノンシャンティが楽勝と見られているNHKマイルCだが、それに待ったをかける馬が現れるかどうか。
サンライズプリンスあたりが距離短縮で一変すれば面白いが、どうだろうか。それでもスプリングS4着で実力は上だろう。
逆に、距離が延びて厳しそうなのは、ファルコンSに出走していたメンバー。そしてツルマルジュピター。この辺りはマイルは長いと見る。
本命はダイワバーバリアン。朝日杯FS3着馬。ここ2走は少し距離が長いと思ったが、それでも好走。マイルなら。
同じくマイル向きなのは、アーリントンCを勝ったコスモセンサーか。しかし、今回はスピードのあるツルマルジュピターあたりと逃げ争ってしまえば、簡単には粘れないだろう。先週のように、どちらかが控えてしまえば前で残ってしまうだろうが。
さらに、朝日杯5着のニシノメイゲツ。アーリントンCはスローペースで前の馬に残られただけ。
同じく朝日杯6着のキングレオポルド。メンバーが弱いここで上積みがあるか。
それからクロッカスSを勝ったインプレスウィナー。
前走、弥生賞3着のダイワファルコンを破ったマイネルマルシェ。
アーリントンC3着のレト。
このあたりで終わっておく。どの馬が強いのか、全く判断できない。

1枠1番ニシノメイゲツ牡3北村宏56
1枠2番ツルマルジュピター牡3江田照56
2枠3番マイネルマルシェ牡3松岡56
2枠4番キョウエイアシュラ牡3吉田豊56
3枠5番インプレスウィナー牡3田中勝56
3枠6番ダイワバーバリアン牡3蛯名56
4枠7番バルーン牡3三浦56
4枠8番ケイアイブリザード牡3後藤56
5枠9番レト牡356
5枠10番エーシンホワイティ牡3北村友56
6枠11番エスカーダ牡3柴山56
6枠12番キングレオポルド牡3福永56
7枠13番アグネスティンクル牡3伊藤工56
7枠14番アグネススペクトル牝3小野54
8枠15番コスモセンサー牡3石橋脩56
8枠16番サンライズプリンス牡3横山典56

ワイド7点 6-15 6-16 6-12 5-6 3-6 1-6 6-9
自信度★☆☆☆☆


3歳牝馬の春なら、まだまだ成長途中の段階。フロックなのか、成長したのかを見極めるのが難しい。
フェアリーSでは、アプリコットフィズが楽勝するものだと思っていたが、未勝利を勝ったばかりのコスモネモシンに敗れた。コスモネモシンはフロックなのか、それともアプリコットフィズが弱いのか。この2つを考えていた。
しかし、クイーンCでアプリコットフィズが今度は楽勝。こうなれば、やっぱりコスモネモシンは、フロックなのではないか。しかし、このアプリコットフィズを倒したのだから、ひょっとすると成長して強くなっているのではないかと考えるようになってきた。
そして、フラワーC。前残りの展開有利の中、中団から周りより重たい55キロを背負いながらもメンバー最速の上がりで2着に突っ込んできた。内容的にはオウケンサクラよりも上と評価できるレース。これでコスモネモシンはやっぱり強くなっていると考えた。アプリコットフィズを倒した力は本物だったと信じたくなってきた。そこでこの馬を本命にすることにした。
阪神JFで活躍した馬が出走してなかったレースで出世してきたのはこの2頭だろう。
後は、阪神JFの上位馬との力関係で考えて行きたい。
やはり期待したいのはアパパネとアニメイトバイオ。
アパパネはチューリップ賞でショウリュウムーンに敗れた。ショウリュウムーンは重馬場が向いたのだろう。だが、桜花賞も雨予報。それなら、アパパネを破った力を再び見せられる可能性を考えてしまう。
ただ、そのアパパネはチューリップ賞で道中大外でかかってしまっての2着。やはり実力は上位だろうから、かからなければショウリュウムーンと互角の勝負をできるのではないか。
そしてアニメイトバイオ。アネモネSは余裕を持たせすぎて負けてしまったが、あれは本当にトライアルという感じのレースで、まともに勝負しているようには見えなかった。勝ったギンザボナンザはクイーンCで大敗しているからそこまで強くないわけだろうし、やはりアニメイトバイオが全然勝負をしていなかったと考えたい。
続いて阪神JF4着ラナンキュラス。この馬が出走したのはフィリーズレビュー。サウンドバリアーがエルフィンS9着から巻き返しての勝利で波乱を呼んだが、エルフィンSは不利があっての9着だったので、参考外だった。しかし、気になったのは3着レディアルバローザ。この馬はそこまで強い馬ではなかった。結局、1、2、3着は接戦だったので、ラナンキュラスが阪神JF4着だったことからも、3頭ともアパパネ、アニメイトバイオあたりには劣るのではないかと考えた。
阪神JF5着はシンメイフジ。しかし、スタートで出遅れての5着ともなれば、評価はそれ以上のものとなる。今年はフラワーCに出走したが、調整がうまくいっていなかった休み明け初戦で条件は良くなかった。さらに周りより重たい55キロの斤量。これではフラワーC5着も参考外の一戦と見ることにしたい。今回の巻き返しは有り得ると考える。
そしてもう1頭、阪神JF6着のタガノエリザベート。ファンタジーSを最後方からの直線一気で勝利したが、阪神JFは単独最後方で、明らかに位置取りが後ろすぎた。結局、追い込み届かず6着。それでも、上がりタイムは飛びぬけて最速。どちらのレースでも末脚は抜群だっただけに、この馬も今回の巻き返しを期待したい1頭。今年は2200mのすみれSからという、変なローテーションにはなったが、やはり末脚は切れるだけに、阪神外回りで簡単に捨てることはできない。

1枠1番ショウリュウムーン牝3佐藤55
1枠2番ギンザボナンザ牝3北村宏55
2枠3番アプリコットフィズ牝3横山典55
2枠4番コスモネモシン牝3石橋脩55
3枠5番モトヒメ牝3大野55
3枠6番ワイルドラズベリー牝3浜中55
4枠7番タガノエリザベート牝3川田55
4枠8番オウケンサクラ牝3安藤勝55
5枠9番アパパネ牝3蛯名55
5枠10番レディアルバローザ牝3和田55
6枠11番エーシンリターンズ牝3福永55
6枠12番ステラリード牝3藤田55
7枠13番アニメイトバイオ牝3内田55
7枠14番ジュエルオブナイル牝355
7枠15番サウンドバリアー牝3渡辺55
8枠16番ラナンキュラス牝3四位55
8枠17番シンメイフジ牝3岩田55
8枠18番プリンセスメモリー牝3勝浦55
posted by ナイト at 17:00| Comment(2) | 2010年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
UPお疲れさまです

いよいよ桜花賞ですね
いつも撫で切るナイトさんも今回は若干やわらかい予想なのかナ?
なんて微妙な変化を感じています\(~o~)/

正直なところフラワーCのオウケン、コスモはシンメイよりも走るのでは…?
雨予報もあってこの辺りの力関係は本当に迷うところですよね

暮れの有力馬が全て敗れた感じからして
固く収まって頭はアパパネだとしても2着はとんでもないのが突っ込んできそうで怖いですね

TR勝ちを頭にしてもまとまった配当が保障されているだけに
近年でも結構悩むG1でしょうか(*^_^*)

書き込めなかったんですがレース回顧で
ショウワモダンの触れ方が面白かったです!!
アレは本当に強くなったのかも判断が難しいですね(笑)
Posted by しげっぴ at 2010年04月09日 23:27
こんにちは。

オウケンやエーシン、それからフィリーズレビュー組をまとめて切って、思い切った気がしていたんですが、それでもタガノやシンメイを押さえているあたりが、ちょっと中途半端に残してる感じになりましたね。
天気は今日見ると、ぎりぎり曇りだったので、何とか良馬場でできるかなという感じになりましたね。
本当に混戦ですね~。さっき調べてみたんですが、阪神JF出走馬全頭の、阪神JF以降勝利は1回だけなんですよね。しかもその1回は、15着だったサリエルの、500万ダート。これじゃあ阪神JF組も信頼度が低くなってしまいますよね。

ショウワモダンは、ダービー卿でもマイネルファルケを交わせず2着なら分かるんですが、上がり33秒台であっさりマイネルファルケを捕まえてしまったあたり、本当に馬が変わっているのか?と思ってしまいますね。
Posted by ナイト at 2010年04月10日 12:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください