2010年04月13日

マリーンC予想&皐月賞&中山GJ予想1

ラヴェリータとユキチャン。この2頭が地方交流牝馬限定戦なら力が明らかに上。距離を考えると、ラヴェリータだろう。ユキチャンは1800mあたりのほうがよさそう。マイルならラヴェリータで勝負になると見る。
ただ、今回気になるのはケイアイガーベラ。中央でオープンを含む3連勝中で勢いに乗っている。こちらは1400m、1200mでの勝利が目立ち、少し距離に不安があるが、ひょっとしたら上位2頭を退ける力を持っているかもしれない。
他の中央馬、トーホウドルチェも距離に不安がある。短距離なら牡馬相手に中央で好走しているが、マイルは少し長いかもしれない。
あとはダイアナバローズだが、一度関東オークスで大敗しているので、少し厳しいか。

1枠1番ケイアイガーベラ牝4秋山55
2枠2番クロスウォーター牝5安部幸55
3枠3番ケージーフジ牝4水野55
4枠4番ユキチャン牝5今野56
4枠5番トウホクビジン牝4本橋 濱口55
5枠6番トーホウドルチェ牝5四位55
5枠7番オグリオトメ牝5佐藤友55
6枠8番ラヴェリータ牝4岩田57
6枠9番ケイエスブーケ牝5赤岡55
7枠10番タカヒロチャーム牝4桑島55
7枠11番パリスエトランゼル牝5坂井55
8枠12番ワールドレデー牝4尾島55
8枠13番ダイアナバローズ牝4北村宏55

三連単4点 8-1-4 8-4-1 8-4-6 1-8-4
三連複3点 1ー4-8 1-6-8 4-6-8

自信度★★★☆☆


大本命ヴィクトワールピサで決まってしまうのか。この馬の弥生賞のパフォーマンスからして、弥生賞組の逆転は厳しい。
では、そのほかと考えるとやはりスプリングS組。怖いのはアリゼオかローズキングダムか。しかし、一度出走を取りやめようかと考えたくらいなのだから、ローズキングダムは狙いにくい。アリゼオは前に行くのが怖い。逃げ馬不在のこのメンバーなら、あっさり逃げ切ってしまうかもしれない。
そのほかにも重賞勝ちの馬が多いが、間隔が長い。ハンソデバンド、ネオヴァンドーム、ガルボ、エイシンフラッシュ。また、重賞を勝ってはいないが、きさらぎ賞で2着だったレーヴドリアンなど、間隔が開いているので、狙いにくい。
あとは、若葉S2着のヒルノダムール。そして毎日杯3着のリルダヴァル。だが、この2頭はどちらとも後ろからの馬。やはり、逃げ馬不在のここで怖いのは、先行前残り。
ヴィクトワールピサが人気するだろうが、武豊落馬負傷からの乗り替わりで岩田騎乗といえば、1番人気で敗れたJCダートのヴァーミリアンの記憶がある。これと雰囲気が重なってしまい、なんとなく嫌な気がしていて本命にしにくい。

◎アリゼオ


実力馬が出て来ない中山GJ。中山大障害で活躍した馬といえば、メルシーエイタイムくらいしかいない。あとは、テイエムトッパズレくらいで、メルシーエイタイムの上位は揺るがないか。今年もきっちり前哨戦の平地を叩いて来た。中山GJと中山大障害は、合計8戦して7回が3着以内。しかも、負けた馬はキングジョイ、マルカラスカル、カラジ、テイエムドラゴンなど、超一線級。今回程度のメンバーなら負けるわけにはいかない。
新興勢力となると、阪神SJを制したトーワベガだが、メルシーエイタイムを脅かすほどの存在かといわれると、少し足りない気がする。

◎メルシーエイタイム
posted by ナイト at 11:53| Comment(0) | 2010年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください