2010年06月04日

安田記念予想2

まず香港馬だが、サイトウィナーとフェローシップは状態が万全でないらしく、調教を満足にできなかったようで、この2頭を捨てると、残るのはビューティーフラッシュ。この馬を押さえておく。
日本馬は、予想1から変わらずリーチザクラウン。
切れる脚はないが、前残り警戒はキャプテントゥーレ。
最近急成長のショウワモダンも怖い。本当に切れる脚が使えるようになったのかどうか。まだ半信半疑だが。
前走メンバー最速の上がりを使ったトライアンフマーチは、やはり今の東京の瞬発力勝負なら捨てられない。
大外だがエーシンフォワードは前で粘って巻き返しがあるか。
このあたりまでだろうか。マイネルファルケは先行するが少し弱いか。マルカシェンク、ファリダットあたりは切れる脚があっても、後ろから行きすぎて届かなさそう。
好位からの瞬発力でいえばマルカフェニックスがかなり怖いのだが、マイルは長いはず。
サンカルロはワンパンチ足りないか。最近の様子だと後方待機策を取りそうで、それなら展開に恵まれなければG1では厳しそう。
スーパーホーネットはマイラーズCで見せ場がなさすぎた。
スマイルジャックや東京得意のアブソリュートはこのメンバー相手なら少し劣る。ただ、1枠は、ダービー2着馬が揃って入った枠ということで妙に怪しさを感じるが。
ところで、今の4歳世代を代表する牡馬とはどの馬になるのだろうか。ロジユニヴァースはレースに出てこないし、アンライバルドは故障。スリーロールスは引退。クラシックを勝った3頭が活躍できないとなれば、そのクラシック2着馬が当然怖い。
しかし、フォゲッタブルは天皇賞春で惨敗。となると、トライアンフマーチとリーチザクラウンになるのではないだろうか。それも、デビューからの期待度、人気度から言えば、やはりリーチザクラウンが現状トップクラスになるのではないだろうか。そんな、世代を代表するとも言えるような馬が、ニュージーランドTを勝っただけのサンカルロとかに負けると無様な感じがする。やはり、4歳の代表はこの馬だというような走りを期待したいところ。

1枠1番リーチザクラウン牡4安藤勝58
1枠2番スマイルジャック牡5三浦58
2枠3番アブソリュート牡6田中勝58
2枠4番フェローシップセ8パートン58
3枠5番サイトウィナーセ7ウィリアムズ58
3枠6番ファリダット牡5蛯名58
4枠7番グロリアスノア牡4小林慎58
4枠8番キャプテントゥーレ牡5横山典58×
5枠9番スーパーホーネット牡7藤岡佑58
5枠10番ビューティーフラッシュセ5コーツィー58
6枠11番マルカシェンク牡7柴山58
6枠12番ライブコンサートセ6和田58
7枠13番マイネルファルケ牡5松岡58
7枠14番マルカフェニックス牡6福永58
7枠15番トライアンフマーチ牡4内田58
8枠16番サンカルロ牡4吉田豊58
8枠17番ショウワモダン牡6後藤58
8枠18番エーシンフォワード牡5岩田58



土曜の注目馬

京都10R天王山S
根岸S2着のサマーウインドが復帰。1400mの重賞で2着に来た馬だが、本当に強いのは1200m。この京都1200mのレコードホルダーだし、ダートの1200mは今まで4戦してすべて圧勝。この舞台では負けられない。
posted by ナイト at 17:53| Comment(0) | 2010年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください