2010年06月15日

関東オークス&北海道スプリントC予想

3歳牝馬のダート決戦、関東オークス。
毎年分からないことこの上ないレースだが、今年の中央馬はどうなのだろうか。
シンメイフジは、なぜダートに来たのか。ただ、他の3頭も、500万は勝っているが、特に強いとも思えない。
地方は、東京プリンセス賞で差のなかった上位3頭が有力だろう。
どの馬を捨てるか。
まず、中央のアイシークレットを捨てる。今まで1200mばかり走っている馬が、いきなり2100mを好走できるとは思わない。
東京プリンセス賞を勝ったトーセンウィッチ。どうも前走は、超ハイペースの中、後方待機で展開が向いて追い込みが決まったという感じがする。それに、今回の舞台は川崎。大井ほど追い込みは決まりにくいだろう。この馬も捨てる。
その東京プリンセス賞2、3着のショウリダバンザイとスターオブジュリアは警戒しておく。鞍上戸崎で、スターオブジュリアを特に警戒したい。
中央馬だが、ナムラフェアリ、アドマイヤオンリー。ここ2頭が気になるところか。どちらも強いとは思わないが、連勝の勢いで、アドマイヤオンリーを本命に。

1枠1番アイシークレット牝3松岡54
2枠2番トーセンウィッチ牝3張田54
3枠3番キョウエイトリガー牝3柏木54
3枠4番ギンガセブン牝3本橋54
4枠5番レギュラーサヤカ牝3酒井忍54
4枠6番ショウリダバンザイ牝3真島大54
5枠7番ナムラフェアリ牝3勝浦54
5枠8番ハーミア牝3今野54
6枠9番プティフルリール牝3吉井友54
6枠10番アドマイヤオンリー牝3蛯名54
7枠11番シンメイフジ牝3内田54
7枠12番スターオブジュリア牝3戸崎54
8枠13番ケルナーカーニバル牝3町田54
8枠14番エレーヌ牝3筒井54

ワイド6点 10-12 7-10 6-10 10-11 7-12 6-7
自信度★☆☆☆☆


今年は1200mでの開催になる北海道スプリントC。
さすがにミリオンディスクでここは固いだろう。
相手はダイワディライト。前走の1400mは厳しかったが、今回の1200mなら。
あとは、昨年このレース圧勝のヴァンクルタテヤマ。復調すれば怖い1頭。
ガブリンは少し落ち目だが、このメンバーなら押さえておく。
怖い地方馬は、やはりラブミーチャンか。古馬相手だが、51キロの斤量なら勝負になってもいい。
あとはポートジェネラル。東京スプリントで4着に粘ったように、単騎で行ってしまえばなかなかしぶとい。ただ、ラブミーチャンとの競り合ってしまえば2頭で潰し合う可能性もあるので、地方の2頭は押さえ評価。

1枠1番ジョインアゲン牡8小嶋56
2枠2番ミリオンディスク牡6蛯名57
3枠3番ラブミーチャン牝3五十嵐冬51
3枠4番ガブリン牡8ウィリアムズ56
4枠5番フィクシアスセ6服部茂56
4枠6番ミスティックダイヤ牡5齊藤56
5枠7番ヴァンクルタテヤマ牡857
5枠8番ゴールドコイン牝5坂下54
6枠9番ポートジェネラル牡7小国56
6枠10番ダイワディライト牡6北村宏56
7枠11番サミンバリオス牡7宮崎光56
7枠12番サンサンヒカリ牡4川島雅56
8枠13番フェザーウイング牡6佐々木国56
8枠14番タマキチャン牝4岩橋54

三連複5点 2-3-10 2-4-10 2-7-10 2-9-10 2-4-7
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:20| Comment(0) | 2010年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください