2010年06月25日

宝塚記念予想2

マーメイドSが前残りだったからといってアーネストリーが人気しそうな気がするが、この馬のここ3走の相手は、ドリームサンデー、ドリームサンデー、ミヤビランベリ。こんな馬を信用していいのだろうか。金鯱賞は相手関係から本命にしていたが、今回のメンバーならまだ信用できない。
逃げ宣言のナムラクレセント。とにかく折り合えば怖い。天皇賞春はひっかかったのに4着。マイペースで単騎逃げに持ち込めたりすると、最後までしぶといかもしれない。
位置取りを前から順に予想する。ナムラクレセント、アーネストリー、ロジユニヴァース、ネヴァブション、セイウンワンダー、ブエナビスタ、イコピコ、アクシオン、ジャガーメイル、ナカヤマフェスタ、マキハタサイボーグ、フォゲッタブル、トップカミング、メイショウベルーガ、ドリームジャーニー、マイネルアンサー、スマートギア。
前が残る予想なら、位置取りで上に書いた馬の、後ろから半分を捨てる。スマートギアからナカヤマフェスタまで。
前から行く馬では、ロジユニヴァースは強いと思ったことがない。ネヴァブションは中山巧者か。切れる脚という印象はない。
残った馬だが、結局本命はブエナビスタ。この馬なら先行馬を交わしに行けるか。
セイウンワンダーは2200mは少し長くてベストではないだろう。エプソムCもぎりぎりで、少し力不足か。
4歳で狙うなら、休み明けでもイコピコ。神戸新聞杯の強さが忘れられない。あの強烈な脚を使えるかどうか。
気になるのはジャガーメイル。天皇賞春の3200mは距離が長かったが、得意の切れ味を生かす形で勝てた。2200mのほうが適距離だし、京都記念ではブエナビスタに迫ったように、末脚は安定している。中団から素晴らしい脚を使うこの馬は怖い。
あとは、切れ味ならやはりサンデーサイレンスで、叩き2走目でアクシオンの一発も怖い。鳴尾記念が強かった。好位からあっさり抜け出して勝利したあの脚が使えるか。ただ、調教がイマイチのようで、本調子ではないか。それに、この時期の藤田は函館で活躍するだろうから、阪神では一休み願いたい。

1枠1番イコピコ牡4岩田58×
1枠2番アーネストリー牡5佐藤58
2枠3番ネヴァブション牡7後藤58
2枠4番スマートギア牡5和田58
3枠5番ナムラクレセント牡5小牧58
3枠6番セイウンワンダー牡4福永58
4枠7番マイネルアンサー牡6川田58
4枠8番ブエナビスタ牝4横山典56
5枠9番ロジユニヴァース牡4安藤勝58
5枠10番ジャガーメイル牡6ウィリアムズ58
6枠11番トップカミング牡4浜中58
6枠12番メイショウベルーガ牝556
7枠13番フォゲッタブル牡4蛯名58
7枠14番マキハタサイボーグセ8太宰58
7枠15番コパノジングー牡5藤岡佑58
8枠16番アクシオン牡7藤田58
8枠17番ナカヤマフェスタ牡4柴田善58
8枠18番ドリームジャーニー牡6池添58
posted by ナイト at 23:15| Comment(0) | 2010年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください