2011年06月11日

CBC賞&エプソムC予想

ヘッドライナー、シゲルキョクチョウ、アーリーロブスト。このあたりが逃げ争うだろうか。とはいっても開幕2週目の阪神。そこまで前が崩れる形にはならないだろうが、3頭とも競り合いながら最後まで粘れるような強さがあるのだろうか。ヘッドライナーは57.5キロのハンデも気になるし、シゲルキョクチョウは叩き2走目でどこまでよくなっているのか。
本命はエーシンホワイティ。ここ2走は良馬場でも重馬場でもしっかり追い込んできている。1200mがベストのはずだが前走は1400mでも好走。力をつけてきた今回、ファルコンSに続く重賞2勝目となるかどうか。
対抗にアーバニティ。前走は不良馬場で力を出し切らずに敗れたが、シルクロードS2着、高松宮記念3着と、馬が変わったような走りだった。同じ力を発揮すればここは勝負になる。
3番手にツルマルレオン。評判の高い3歳馬。52キロのハンデでどこまで通用するか。
ダッシャーゴーゴーはやはり格上の存在だが、58.5キロのハンデがどうなのか。
サンダルフォンは末脚は素晴らしい。展開がはまれば。
エイシンタイガー、スカイノダンあたりは少し落ちるか。グランプリエンゼルは雨が降ったほうがいいだろう。

1枠1番タマモナイスプレイ牡6渡辺56
1枠2番エイシンタイガー牡5岩田57
2枠3番ヘッドライナーセ757.5
2枠4番サンダルフォン牡8酒井57×
3枠5番エーシンホワイティ牡4北村友56
3枠6番アーリーロブスト牡5藤田57
4枠7番エーシンリジル牝4浜中52
4枠8番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ54
5枠9番シゲルキョクチョウ牡3武豊51
5枠10番アーバニティ牡7四位57.5
6枠11番ダッシャーゴーゴー牡4川田58.5
6枠12番アーバンストリート牡7秋山55
7枠13番ツルマルレオン牡3小牧52
7枠14番ジェイケイセラヴィセ7和田57
8枠15番シゲルハスラット牡6長谷川53
8枠16番スカイノダン牝5国分優53

ワイド5点 5-10 5-13 5-11 4-5 10-13
自信度★☆☆☆☆


相変わらず逃げ馬不在のスローペースとしか思えない。
大阪杯2着のダークシャドウが人気を集めそうか。初の1800mだし、前走は展開が向いて追い込みが決まったのは否めない。力をつけてきていることは確かだと思うが、まだ信頼しきれない。
本命はセイクリッドバレー。新潟大賞典でようやく初重賞制覇となったが、今までも重賞で2着3回と、実力は十分あった。ここでも通用する。
アニメイトバイオは牝馬で56キロ。これは厳しい斤量ではないか。
対抗にダンツホウテイ。1800mのオープンで2勝と、前走メイSに続いてここは適距離。今回は重賞だがメンバーは強くないので狙える。
そのメイS5着のレインフォーレストは、スローペースの中33秒0の上がりで追い込んできた。1800mは3勝しており、ここでも警戒は必要か。
あとは東京得意のスズジュピター。2歳のころに取り逃した重賞タイトルをここでゲットできるか。
マッハヴェロシティは新潟大賞典2着だが、ハンデに恵まれた感じはある。
エーブチェアマンは連勝中だが、時計の出ていた時期の東京にしては、勝ちタイム、上がりともに物足りない。

1枠1番キャプテンベガ牡8吉田豊56
1枠2番スズジュピター牡6北村宏56
2枠3番ダークシャドウ牡4福永56
2枠4番ヤマニンウイスカー牡5柴山56
3枠5番マッハヴェロシティ牡5柴田善56
3枠6番セイクリッドバレー牡5丸山56
4枠7番エーブチェアマン牡4蛯名56
4枠8番ロードキャニオンセ7大庭56
5枠9番ハンソデバンド牡4ピンナ56
5枠10番レインフォーレスト牡5松岡56
6枠11番ダンツホウテイ牡6横山典56
6枠12番チョウカイファイト牡8江田照56
7枠13番マストビートゥルー牡8小林淳56
7枠14番アニメイトバイオ牝4後藤56
7枠15番ドリームゼニス牡5石橋脩56
8枠16番アクシオン牡8三浦57
8枠17番ミッキーパンプキン牡5池添56
8枠18番アロマカフェ牡4田中勝56

ワイド5点 6-11 2-6 3-6 6-10 2-11
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 15:47| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください