2011年06月26日

宝塚記念結果

ナムラクレセントのハイペースの逃げについて行ったアーネストリー。いつも通り中団後方で構えるブエナビスタをはじめとする有力馬。
3コーナーに向くと、アーネストリーは逃げるナムラクレセントとの差を縮める。中団ではエイシンフラッシュが最内をうまく回り前に進出を開始。ブエナビスタはじっくりと待機。
直線に向くとアーネストリーが早々と先頭のナムラクレセントを捕らえ、後続を突き放す。そこに内から抜け出してきたエイシンフラッシュが伸びてくるが、前には届かず。
それでもやはり伸びてきたのはブエナビスタ。大外から末脚を伸ばして襲いかかる。しかし、エイシンフラッシュを交わすのが精一杯。先に抜け出したアーネストリーには及ばなかった。
勝ったのはアーネストリー。叩き2走目で一気に良化。昨年よりさらに力をつけ、ついにG1制覇となった。それもレコードタイムでの勝利。ハイペースで先行してそのまま粘り切る強さは見事だった。
2着にブエナビスタ。今日もまたしても2着。最強馬と言われながらもG1勝利には恵まれない。これでG1の2着が7回目となってしまった。

1枠2番アーネストリー牡6佐藤58
2:10.1
4枠8番ブエナビスタ牝5岩田56
2:10.3
2枠4番エイシンフラッシュ牡4安藤勝58
2:10.3
5枠9番ローズキングダム牡4ウィリアムズ58
2:10.4
2枠3番ルーラーシップ牡4横山典58
2:11.0
4枠7番ハートビートソング牡4秋山58
2:11.1
6枠11番ダノンヨーヨー牡5北村友58
2:11.1
8枠15番トレイルブレイザー牡4小牧58
2:11.2
7枠13番トーセンジョーダン牡5ピンナ58
2:11.2
5枠10番ドリームジャーニー牡7池添58
2:11.5
8枠16番ビートブラック牡4武豊58
2:11.6
6枠12番シンゲン牡8藤田58
2:11.7
7枠14番トゥザグローリー牡4福永58
2:11.8
1枠1番ナムラクレセント牡6和田58
2:12.7
3枠5番フォゲッタブル牡5川田58
2:12.9
3枠6番アサクサキングス牡7浜中58
2:14.4

結果:-500円
posted by ナイト at 19:40| Comment(2) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナイトさん
お久しぶりです(^^//)
妙にルーラーが人気していてびっくりしましたね
撒くってきたときは「きたか~?!」と思ったんですが坂で失速したでしょうか
4歳勢でもエイシン、ローズはやはり一枚上手かな~?と感じました
前走は掛かったにしても今日のトゥザグローリーの敗因はどの辺りにあると思いますか?
シルバーコレクターのマツパクは岩田も降ろしかねないですよね~(^^//)
Posted by しげっぴ at 2011年06月26日 22:04
こんばんは。お久しぶりです。

ルーラーシップは大跳びの馬で、阪神外回り、東京といった広いコースでいい結果を残していますので、坂というよりは、もっと広いコースのほうがいいと見ています。金鯱賞は京都の内回りでしたが、出遅れて終始大外を回していたため、内回りでも結果を残せた。つまり、出遅れがいい結果に結びついたと判断しています。そうすれば内回りコースの宝塚、有馬の敗戦も納得できます。
なので、東京の天皇賞秋、JCではルーラーシップは4歳のトップとして狙いたいと思っています。

逆にエイシンは最内を突いたにもかかわらず3着。いつもこの馬は最後で微妙に止まっているんですよね。勝ったダービーや、JCでもそうでした。ただ、強力な切れる脚はあるので、仕掛けのタイミング次第で勝てる馬だとは思います。

ローズは今回力を出し切っての4着とみているので、このあたりが限界と思っています。朝日杯を勝っているように、他馬より早熟なイメージです。昨年JC以降の成長が感じられないのが気がかりです。

トゥザは前走の大敗で完全に調子が狂っていたのでしょう。休養を挟んで秋の復活に期待します。ただ、ルーラーやエイシンと比べると少しだけ落ちるのかなという気もしています。

松博はブエナなら誰が乗っても勝てるように思えるんですが。ただ、今日はアーネストリーが強すぎました。秋はまたスミヨンでしょうか。


長文失礼しました。
Posted by ナイト at 2011年06月26日 22:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください