2011年07月03日

ラジオNIKKEI賞&函館スプリントS&中山GJ結果

スタート後、ミヤビファルネーゼが前をカットされるような形になり、後方から。さらに1コーナーでプランデストワールが外に逸走して競走中止。それに巻き込まれたショウナンパルフェは後ろから。さらに巻き込まれて逃げ切れなかったディアフォルティスは外ラチまで連れて行かれて落馬。驚きの展開でレースは進むが上位人気馬は不利を受けることなく実力を示す形になった。
直線で好位からマイネルラクリマが抜け出し、そのまま先頭でゴールを決めるかと思ったが、そこに大外からフレールジャックが強襲。自慢の末脚を発揮し、見事に差し切り勝ちを決めた。

6枠10番フレールジャック牡3福永54
1:46.9
5枠7番マイネルラクリマ牡3松岡56
1:47.0
2枠2番カフナ牡3柴田善55
1:47.3
4枠5番ターゲットマシン牡3田中勝54
1:47.4
4枠6番アバウト牡3芹沢53
1:47.5
1枠1番ヴィジャイ牡3柴山53
1:47.5
7枠12番ミヤビファルネーゼ牡3武士沢53
1:47.6
3枠4番フルアクセル牡3山崎誠54
1:47.7
8枠13番ショウナンパルフェ牡3三浦57
1:47.9
3枠3番ヒラボクインパクト牡3北村宏54
1:48.1
7枠11番ダーズンローズ牡3中舘53
1:49.3
5枠8番プランデストワール牡3横山典55
中止
8枠14番ディアフォルティス牡3村田52
中止
6枠9番エポワス牡3田面木54
取消

結果:ワイド1380円的中 +980円


テイエムオオタカがスピードを生かして逃げると、アンシェルブルーもそれについて行く。カレンチャンはそれを見るような形で少し後ろ目から。
直線に向くとテイエムオオタカとアンシェルブルーがそのまま後続を突き放して行き、このまま粘り切るかと思われた。しかし、カレンチャンが直線で外に持ち出す余裕を見せると、そこから一気に加速。ゴール前できっちり先頭を捕らえて勝利。重賞2連勝となった。

2枠2番カレンチャン牝4池添54
1:08.0
3枠3番テイエムオオタカ牡3丸山53
1:08.0
1枠1番アンシェルブルー牝4蛯名54
1:08.1
5枠5番ドラゴンファング牡6藤岡佑56
1:08.3
7枠10番ベイリングボーイ牡7北村友56
1:09.0
8枠11番パドトロワ牡4安藤勝56
1:09.0
6枠7番クリアンサス牝3国分恭51
1:09.0
5枠6番ケイアイアストン牡6秋山56
1:09.0
4枠4番ナイアード牝5四位54
1:09.1
6枠8番マジカルポケット牡3藤田53
1:09.6
7枠9番ヘニーハウンド牡3武豊53
1:09.8
8枠12番マヤノツルギ牡7古川56
1:10.3

結果:ワイド540円的中 -60円


これぞ障害という、激しく順位の入れ替わるレースとなった。
マイペースで逃げたのはメジロラフィキ。最後の直線になってもまだ手ごたえはある様子で進む。
オープンガーデンは道中早めに仕掛けて2番手に上がっていたものの、早仕掛けが響いたか、4コーナーで力尽きて4番手にまで後退。メルシーエイタイムとマイネルネオスに交わされていく。
このままの形で決まるかと思った最後の直線の最後の障害で、先頭を走るメジロラフィキがまさかの転倒。メルシーエイタイムが先頭に躍り出る。
しかし、このまま終わらなかった。その後ろにいたマイネルネオスが最後の最後で猛追。強烈な最後の脚で、なんとかメルシーエイタイムを交わし、J・G1初勝利となった。
3着争いも熾烈で、オープンガーデンが3番手で粘るかと思われたところ、こちらもタカラボスの後方からの強烈な追い上げに屈してしまった。
レース展開としては最後の最後で目まぐるしく入れ替わる展開は面白いといえるが、最後の障害で転倒したメジロラフィキはそのまま死亡。さらにレース中に故障したスズカスペンサーも予後不良となってしまい、馬の犠牲のうえでレースを楽しむというのは少し気が引けるところでもある。

6枠8番マイネルネオス牡8柴田大63.5
4:51.6
8枠12番メルシーエイタイム牡9横山義63.5
4:51.8
8枠11番タカラボス牡7大庭63.5
4:53.7
7枠9番オープンガーデン牡7江田勇63.5
4:53.8
3枠3番テイエムトッパズレ牡8佐久間63.5
4:55.1
6枠7番エーシンダードマン牡7西谷63.5
4:55.3
2枠2番エルジャンクションセ563.5
4:58.4
5枠6番ナドレ牝5穂苅61.5
5:03.4
7枠10番エヒテンウィーゼ牡8金子63.5
5:03.5
4枠4番プラテアードセ7石神63.5
5:05.9
5枠5番スズカスペンサー牡6北沢63.5
中止
1枠1番メジロラフィキセ6五十嵐63.5
中止

結果:-500円
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください