2011年07月09日

プロキオンS&七夕賞予想

1400mダートなら、力を発揮すればケイアイガーベラが強いだろう。別定の55キロならここは本命。
そして、ダノンカモンもここでは実力上位か。
さらにはしばらく連敗が続いていたが、前走久々に勝利したナムラタイタン。57.5キロのハンデで勝利したのは評価できる。1400mダートで6連勝した実力馬がついに復活したか。
この3頭が上位ではないだろうか。
トーホウオルビスはここ2走逃げるようになってから好走しているが、どちらも展開とメンバーに恵まれた感じはある。そのトーホウオルビスが勝ったつばさ賞で2着のドスライスは斤量が増えるし、3着に敗れたアーリーロブストは、トーホウオルビスとハナを争うだろうが、今回はそれに加えてケイアイガーベラなど先行馬が揃い、今まで通り楽逃げとはいかないか。
それなら天王山Sを勝利したワールドワイド。1200mだったが中団から素晴らしい脚で差し切った。そして、その天王山Sで58キロを背負いながら5着と健闘したエノクも怖い。この2頭を警戒。
他には、北海道スプリントCを勝ったマルカフリートだが、そのせいで57キロを背負うのは厳しいか。

1枠1番エノク牡7浜中56
1枠2番ケイアイガーベラ牝5秋山55
2枠3番ドスライス牡5鮫島56
2枠4番ワールドワイド牡5武豊56
3枠5番スーニ牡5川田58
3枠6番シルクフォーチュン牡5藤岡康56
4枠7番アーリーロブスト牡5太宰56
4枠8番トーホウオルビス牡6大庭56
5枠9番マルカフリート牡5福永57
5枠10番メイショウセンゴク牡656
6枠11番ナムラタイタン牡5熊沢56
6枠12番コンティネント牡7北村友56
7枠13番ダノンカモン牡5和田56
7枠14番フサイチセブン牡5武幸57
8枠15番シャア牡5小坂56
8枠16番インオラリオ牡6酒井56

ワイド5点 2-11 2-13 1-2 2-4 11-13
自信度★★★☆☆


いつもなら荒馬場福島での開催となる七夕賞だが、今年はそこまで馬場の荒れていない中山。先行馬有利なのは間違いないだろう。
ならキャプテントゥーレだろうか。しかし58.5キロのハンデは気になる。本命にはできない。
本命は復活したオペラブラーボ。ハンデは56キロ。もともと2000mで活躍していたので距離は問題ない。
メイSでオペラブラーボを倒しているダンツホウテイだが、久々の2000mが気になる。
他に先行して粘りそうなのは、小倉大賞典を勝ったサンライズベガ。ただ、小倉大賞典からハンデが1キロ増えて56キロなのはどうなのか。
中山金杯を勝ったコスモファントムも、金杯で56キロだったハンデが今回は57.5キロ。このあたりは少し評価を下げる。
あとは、差し馬で唯一気になるアニメイトバイオ。復活すればどのくらい走るのか。念のため押さえておきたい。
イタリアンレッドやタッチミーノットは中山で追い込みは決まりにくいし、ケイアイドウソジンやシャドウゲイトは先行するだろうが、57キロ、58キロのハンデは厳しい。

1枠1番エーシンジーライン牡6田辺55
1枠2番アニメイトバイオ牝4後藤55×
2枠3番オペラブラーボ牡7大野56
2枠4番サンライズベガ牡7北村宏56
3枠5番マゼラン牡6蛯名55
3枠6番ケイアイドウソジン牡5江田照57
4枠7番アドマイヤメジャー牡5上村56
4枠8番マッハヴェロシティ牡5宮崎55
5枠9番キャプテントゥーレ牡6小牧58.5
5枠10番タッチミーノット牡5三浦55
6枠11番ダンツホウテイ牡6横山典56
6枠12番ドモナラズ牡6柴田大53
7枠13番シャドウゲイト牡9田中勝58
7枠14番ロードキャニオンセ7小野寺51
8枠15番イタリアンレッド牝5中舘52
8枠16番コスモファントム牡4松岡57.5
8枠17番トウショウウェイヴ牡6武士沢55

ワイド6点 3-9 3-4 3-11 3-16 2-3 4-9
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 10:54| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください