2011年10月02日

スプリンターズS&シリウスS&札幌2歳S結果

パドトロワがヘッドライナーを制して逃げる展開で、なかなかのハイペースでレースは進む。
それでも、これが本来のスプリント戦というべきか、強い馬はハイペースで先行してそのまま押し切る力を持っていた。
4コーナーで早めに動いたのはエーシンヴァーゴウ。パドトロワに接近し、この2頭がそのままで粘る形で直線に向かう。
しかし、さらに外からやってきたのはカレンチャン。夏の重賞で2走ともハイペースを押し切った実力は本物だった。今回の早いペースにも難なく対応し、見事に差し切って重賞4連勝でG1制覇となった。
2着は接戦だったがわずかに粘ったパドトロワ。キーンランドCでカレンチャンと接戦だった力を侮ってはいけなかった。
3着にエーシンヴァーゴウ。この馬も夏の活躍で見せたように、短距離の強さは本物だった。
4着にロケットマン。今までのレース映像を見ても、追い続けて伸びる馬という印象だったが、日本の軽い芝のように一瞬のうちに切れる脚が必要な馬場は合わなかったのかもしれない。4コーナーからじりじりと伸び続けていたものの、4着止まりだった。

5枠10番カレンチャン牝4池添55
1:07.4
2枠3番パドトロワ牡4安藤勝57
1:07.7
7枠14番エーシンヴァーゴウ牝4福永55
1:07.7
3枠5番ロケットマンセ6コーツィー57
1:07.8
1枠1番ラッキーナインセ4プレブル57
1:07.9
4枠7番フィフスペトル牡5横山典57
1:07.9
3枠6番サンカルロ牡5吉田豊57
1:08.0
8枠16番グリーンバーディーセ8アングランド57
1:08.0
6枠11番トウカイミステリー牝5北村友55
1:08.2
2枠4番エーシンリジル牝4田辺55
1:08.2
4枠8番ダッシャーゴーゴー牡4川田57
1:08.3
8枠15番サンダルフォン牡8酒井57
1:08.5
6枠12番アーバニティ牡7北村宏57
1:08.5
5枠9番ヘッドライナーセ757
1:08.6
1枠2番ケイアイアストン牡6後藤57
1:08.9
7枠13番ビービーガルダン牡7佐藤57
除外

結果:-600円


1600万を快勝したタガノロックオンだったが、重賞馬を相手にすると少し厳しかったか、キングスエンブレム、フサイチセブンの重賞馬2頭が力を出し切ってしまえば、さすがに少し及ばない。
しかし、そんな2頭相手に楽勝してしまったのはヤマニンキングリー。初ダートでまさかの快勝。4コーナーで先頭に立ってそのまま最後まで押し切った。父アグネスデジタル同様に芝、ダートどちらも走った。

4枠4番ヤマニンキングリー牡6武豊56
2:04.3
5枠5番キングスエンブレム牡6ピンナ57
2:04.7
8枠11番フサイチセブン牡5川田57.5
2:04.9
5枠6番タガノロックオン牡3岩田54
2:05.1
7枠9番ヒラボクワイルド牡555
2:05.3
3枠3番ナニハトモアレ牡5佐藤55
2:05.4
2枠2番メイショウブンブク牡5和田52
2:05.5
6枠7番ウインペンタゴン牡5浜中55
2:05.6
7枠10番アドマイヤダンク牡7北村友52
2:06.4
1枠1番タナトス牡3小牧52
2:07.1
8枠12番ピースキーパー牡6渡辺52
2:07.2
6枠8番ドリームライナー牡5川須54
2:08.2

結果:-500円


やはり前走の圧勝は伊達ではなかった。グランデッツァが持ったまま直線に向くと、外から迫ってきたマイネルロブストを突き放して勝利。着差以上に強い勝ち方だった。
2着には内をすくってゴールドシップ。今日もスタートで出遅れたがきっちり差してきた。
3着にマイネルロブスト。2連勝中の2頭が上位に。タイムが遅くても侮ってはいけなかった。

7枠11番グランデッツァ牡2秋山55
1:50.8
5枠6番ゴールドシップ牡2安藤勝55
1:50.9
5枠7番マイネルロブスト牡2松岡55
1:50.9
6枠8番ベストディール牡2横山典55
1:51.2
4枠5番ヒーラ牝2四位54
1:51.5
6枠9番ラシンティランテ牝2藤岡佑54
1:51.6
8枠12番マカハ牡2三浦55
1:51.7
7枠10番ニシノスタイル牡2吉田隼55
1:52.3
4枠4番クールスター牡2荻野琢55
1:52.4
8枠13番ニシノカチヅクシ牡2村田55
1:52.6
1枠1番トミケンユークアイ牡2勝浦55
1:53.3
3枠3番ロゼシャンパーニュ牝2池添54
1:53.8
2枠2番ロゼオ牡2丸田55
1:54.2

結果:-400円
posted by ナイト at 16:13| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください