2011年10月15日

秋華賞予想3&府中牝馬S予想

ホエールキャプチャは軸としての安定感は間違いない。1着かどうかというと信頼しきれないが、馬連の軸なら大丈夫だろう。
そしてホエールキャプチャを倒す可能性があるとすれば、アヴェンチュラ、マルセリーナあたりになってくるだろう。
マイネイサベルだが、今まで外回りの広いコースばかり走ってきたが、内回りの小回りはどうなのか。唯一内回りを使ったファンタジーSは大敗。コース適性に疑問があり、思い切って捨てる。

1枠1番キョウワジャンヌ牝3飯田55
1枠2番リヴァーレ牝3江田照55
2枠3番リトルダーリン牝3秋山55
2枠4番アヴェンチュラ牝3岩田55
3枠5番フレンチボウ牝3和田55
3枠6番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
4枠7番マイネソルシエール牝3柴田大55
4枠8番デルマドゥルガー牝3武豊55
5枠9番エリンコート牝3後藤55
5枠10番スピードリッパー牝3北村宏55
6枠11番ゼフィランサス牝3柴原55
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
7枠13番アカンサス牝3横山典55
7枠14番メモリアルイヤー牝3浜中55
7枠15番マイネイサベル牝3松岡55
8枠16番カルマート牝3安藤勝55
8枠17番レッドエレンシア牝3田中勝55
8枠18番マルセリーナ牝3福永55

馬連3点 4-12 12-18 4-18 
自信度★★★☆☆


今年からG2の府中牝馬S。それにふさわしいメンバーが揃った。
アパパネもここから始動。だが、この馬の前哨戦は信用出来ない。本命にはしない。
フミノイマージン、レディアルバローザ、ブロードストリート、イタリアンレッド、アニメイトバイオ。このあたりが上位だろう。
展開を考えるとトゥニーポートの単騎逃げが予想されるが、オウケンサクラやセラフィックロンプが追いかけるとは思えないので、そこまでペースは早くならないだろう。それなら、先行馬有利の展開か。
本命はアニメイトバイオ。ここ2走は中団から差す競馬で連続3着と、ようやく復活の兆しが見えてきた。後方待機の追い込みだと届かない可能性はあるが、いい位置に付けるだろうこの馬なら、あまり展開に左右されることなく差してくるのではないだろうか。
対抗にアパパネ。確かに前哨戦はあまり走らないが、牝馬限定戦ならそこまで大敗はしないだろう。
3番手にレディアルバローザ。この馬は先行してそのまま押し切る競馬が得意。朝日CCは古馬相手に、差す競馬で3着と好走。実力は上位だろう。
フミノイマージン、ブロードストリート、イタリアンレッドの追い込み勢は、展開に左右されるのではないだろうか。ただ、最近のフミノイマージンの末脚は展開不利でも十分に追い込んできそうな勢いはある。
ブロードストリートは毎回安定して追い込んでは来るが、最後の末脚の破壊力だけで見ると、少し劣る。
イタリアンレッドは夏しか走らないのか、それとも完全に本格化したのか。見極めが難しいところ。
それなら、昨年同様先行馬前残りを警戒して、念のため昨年の2着馬セラフィックロンプを押さえておく。

1枠1番アスカトップレディ牝4大庭55
1枠2番セラフィックロンプ牝7宮崎55
2枠3番コロンバスサークル牝5藤岡佑55
2枠4番アパパネ牝4蛯名57
3枠5番フミノイマージン牝5太宰55
3枠6番エオリアンハープ牝5石橋脩55
4枠7番レディアルバローザ牝4ピンナ55
4枠8番プティプランセス牝5武士沢55
5枠9番ブロードストリート牝5藤田55
5枠10番ウェディングフジコ牝7藤田55
6枠11番サンテミリオン牝4三浦56
6枠12番オウケンサクラ牝4丸山55
7枠13番イタリアンレッド牝5中舘55×
7枠14番ダイワジャンヌ牝6嶋田55
8枠15番アニメイトバイオ牝4田辺55
8枠16番トゥニーポート牝4吉田豊55

ワイド6点 4-15 7-15 5-15 2-15 13-15 3-7
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:52| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください