2011年10月16日

秋華賞&府中牝馬S&デイリー杯2歳S&東京HJ結果

やはりメモリアルイヤーがハイペースで逃げ、早い時計の勝負に。こうなれば瞬発力勝負ではなく、持久力勝負となる。
そんな早いペースながら、4コーナーで早くもアヴェンチュラが仕掛け、先頭を奪って直線に向かう。この馬の持ち味は瞬発力よりも持久力と勝負根性。早め先頭でも全くバテることなく、最後までしぶとく粘る。
その後ろから同じように先行抜け出しで追いかけてきたのはキョウワジャンヌ。しかし、アヴェンチュラとの差は全く縮まらない。
外からホエールキャプチャも伸びてはきたものの、こちらも前を捕らえ切れない。
勝ったのはそのまま粘り切ったアヴェンチュラ。早め先頭でバテない持ち味を存分に生かした好騎乗だった。
2着はキョウワジャンヌ。うまく最内でロスなく立ち回れたこともあるだろうが、それでも最後はアヴェンチュラに追いつけはしなかったものの、最後までついて行った。この馬も確実に力をつけている。
3着にホエールキャプチャ。外を回ってロスが少しあったとはいえ、それでも前との差は縮まらず。今回は前の2頭が強かったというべきだろう。

2枠4番アヴェンチュラ牝3岩田55
1:58.2
1枠1番キョウワジャンヌ牝3飯田55
1:58.4
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
1:58.6
7枠13番アカンサス牝3横山典55
1:58.7
1枠2番リヴァーレ牝3江田照55
1:58.7
4枠8番デルマドゥルガー牝3武豊55
1:58.8
8枠18番マルセリーナ牝3福永55
1:59.0
2枠3番リトルダーリン牝3秋山55
1:59.2
4枠7番マイネソルシエール牝3柴田大55
1:59.4
5枠9番エリンコート牝3後藤55
1:59.5
3枠5番フレンチボウ牝3和田55
1:59.6
8枠17番レッドエレンシア牝3田中勝55
1:59.8
5枠10番スピードリッパー牝3北村宏55
2:00.5
8枠16番カルマート牝3安藤勝55
2:00.5
7枠15番マイネイサベル牝3松岡55
2:00.8
6枠11番ゼフィランサス牝3柴原55
2:00.9
3枠6番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
2:01.0
7枠14番メモリアルイヤー牝3浜中55
2:01.0

結果:-300円


スローペースでトゥニーポートが逃げ、先行したアスカトップレディやセラフィックロンプなどが内で粘る。しかし、今の東京は外差しが決まりやすい馬場になっている。
外から馬群を割ってイタリアンレッドが伸びてきたところに、さらに最後方から外を回ってアニメイトバイオとフミノイマージンが伸びてくる。
結局3頭の差し比べとなった最後の直線だが、抜け出したのはイタリアンレッド。夏に強いだけではなかった。これは完全に本格化したと言えるだろう。
2着にアニメイトバイオ。スタートが決まらなかったので最後方集団で待機しての競馬となったが、最後はさすがの末脚で2着に追い込んだ。
3着のフミノイマージンは直線に向いてからの進路がなかなか開かなかったのが痛手だったか。それでもしっかり追い込んできているのはさすが。

7枠13番イタリアンレッド牝5中舘55×
1:46.8
8枠15番アニメイトバイオ牝4田辺55
1:46.8
3枠5番フミノイマージン牝5太宰55
1:46.9
1枠1番アスカトップレディ牝4大庭55
1:47.1
2枠3番コロンバスサークル牝5藤岡佑55
1:47.2
3枠6番エオリアンハープ牝5石橋脩55
1:47.2
1枠2番セラフィックロンプ牝7宮崎55
1:47.2
4枠7番レディアルバローザ牝4ピンナ55
1:47.4
5枠9番ブロードストリート牝5藤田55
1:47.4
4枠8番プティプランセス牝5武士沢55
1:47.4
6枠11番サンテミリオン牝4三浦56
1:47.5
8枠16番トゥニーポート牝4吉田豊55
1:47.6
6枠12番オウケンサクラ牝4丸山55
1:47.7
2枠4番アパパネ牝4蛯名57
1:47.8
7枠14番ダイワジャンヌ牝6嶋田55
1:48.1
5枠10番ウェディングフジコ牝7藤田55
1:48.2

結果:ワイド1890円的中 +1290円


ダローネガがスタートで出遅れて最後方から。
ゲンテンとメイショウハガクレが先手を取り、逃げる形で直線に向かうと、2頭が抜け出していく。
しかし、出遅れながらも外をまくってやってきたのはダローネガ。一気に先頭に並びかけて行く。このまま見事に最後方からの追い込みが決まったかと思われた。
だが、ダローネガが出遅れて外を回っている間に内でじっくり脚を溜めいたクラレントが間を割って一気に伸びてくると、最後はダローネガも交わして1着でゴール。見事な末脚で重賞制覇となった。
2着に惜しくもダローネガ。出遅れなければ1着だっただろうか。

1枠1番クラレント牡2小牧55
1:34.9
6枠7番ダローネガ牡2岩田55
1:35.0
6枠8番ゲンテン牡2福永55
1:35.3
7枠10番メイショウハガクレ牡2川田55×
1:35.4
2枠2番マコトリヴァーサル牡2武豊55
1:35.6
5枠6番メイショウダビンチ牡2北村友55
1:35.9
8枠11番シンゼンレンジャー牡2飯田55
1:36.0
3枠3番ヴェアリアスムーン牡255
1:36.3
7枠9番トミーバローズ牡2秋山55
1:36.4
4枠4番アウヤンテプイ牡2尾島55
1:36.6
5枠5番カイシュウタビビト牡2丸山55
1:36.7
8枠12番アルベルトバローズ牡2藤田55
1:37.9

結果:ワイド490円的中 -10円


1周目の正面でテイエムハリアーが先頭に立ち、レースを作っていく。向こう正面ではそれにディアマジェスティが絡んでいき、2頭が先頭を争う形に。
しかし、この2頭が4コーナーで早くも失速。マサノブルースが内を回って先頭に出ると直線へ。マサノブルースが逃げるところに、外からマジェスティバイオ、さらに内からワシャモノタリンが伸びてくる。
最後はマジェスティバイオが差し切って勝利。春の東京JSに続いて東京の重賞連勝となった。
2着にはワシャモノタリン。
3着にはマサノブルース。この馬も春の東京JS2着で、勝ったマジェスティバイオ同様東京コースの相性がいいのだろうか。

8枠14番マジェスティバイオ牡4柴田大60
3:42.3
5枠7番ワシャモノタリン牡5中村60
3:42.7
4枠6番マサノブルースセ4佐久間60
3:42.7
4枠5番クランエンブレム牡7山本60
3:43.0
1枠1番バイヨン牡6穂苅60
3:43.5
3枠4番テイエムハリアー牡5白浜60
3:43.6
7枠11番クリーバレン牡5石神60
3:43.6
6枠10番ディアマジェスティ牡5高田60
3:44.5
5枠8番モルフェサイレンス牡6大江原60
3:45.0
3枠3番シゲルダイセン牡5植野60
3:46.4
8枠13番エーシンディーエス牡6横山義61
3:47.4
6枠9番ショウナンサミット牡5大庭60
3:48.2
7枠12番モエレエキスパート牡5浜野谷60
3:52.0
2枠2番レオソリスト牡6平沢60
中止

結果:-500円


今週の結果

土曜東京11RアイルランドT
リーチザクラウンが大逃げに出て直線に向いても10馬身以上の差があるが、最後は完全に失速。後方から伸びてきて捕らえたのはやはりトーセンレーヴだった。菊花賞をパスしたこの秋だが、古馬相手にオープンを勝利し、これから再び重賞戦線での活躍が期待される。
posted by ナイト at 16:01| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください