2012年01月04日

京都金杯&中山金杯予想

レーヴディソールやダノンヨーヨーが回避し、少し面白味が減った京都金杯。それでも注目はサダムパテックか。鳴尾記念で56キロを背負っての3着は実力のある証拠。今回はハンデ57キロが気にはなるもののこのメンバーなら実力上位だろう。
それから同じ4歳のマイネルラクリマ。こちらはクラシックではなくマイル戦を狙って走ってきた。55キロのハンデだしマイル戦なら一発あってもいい。
そしてもう1頭、同世代のダノンシャーク。昨年の秋は、スタートで出遅れた清水Sで3着と敗れた以外はきっちり勝っており、夏を超えての成長が見られた。
それからマイルといえばショウリュウムーン。ここまでの4勝は全てマイル。しかも2走前は牡馬相手にも勝っており、ハンデ54キロなら通用するか。
あとは昨年の覇者シルポートだが、58キロのハンデも厳しいし、オースミスパークとのハナ争いは厳しいだろう。
それならハイペースで差しが決まる展開を予想してヤマカツハクリュウを押さえておく。

1枠1番オセアニアボス武豊57
1枠2番ヤマカツハクリュウ川須54
2枠3番マヤノライジン松田54
2枠4番マイネルラクリマ松岡55
3枠5番アスカクリチャン田中勝55
3枠6番オースミスパーク川島56
4枠7番ダノンシャーク安藤勝54
4枠8番ブリッツェン秋山56
5枠9番ショウリュウムーン小牧54
5枠10番サダムパテック岩田57
6枠11番タマモナイスプレイ渡辺56
6枠12番ビッグウィーク川田 福永58
7枠13番ライブコンサート四位57.5
7枠14番ガンダーラ和田55
8枠15番シルポート58
8枠16番アスカトップレディ酒井53

ワイド6点 4-10 7-10 9-10 2-10 4-7 2-9
自信度★★☆☆☆


福島記念を快勝してハンデが重くなってもまだまだここは通過点であってほしい。アドマイヤコスモスがここでも本命。
対抗にはエクスペディション。中日新聞杯は休み明け。それに4コーナーで大外に持ち出し、その間に前を行く馬に離されてしまうというちぐはぐな競馬。実力は確実に上位だと思っているので、今度は結果を残せるか。
その中日新聞杯を勝ったコスモファントムは夏の不調から復活したようだが、ハンデが0.5キロ増で少し評価は控えめ。
では連勝中のフェデラリスト。ただ、倒したメンバーも弱く、前走はタイムがいいといっても、東京が超高速馬場だったときのタイムなので信用しきれない。
3番手にはエーシンジーラインの単騎逃げを警戒。前走はオースミスパークがハイペースの逃げるも、この馬は2番手から6着としぶとく粘った。マイペースに進めば怖い1頭。

1枠1番ダンスインザモア石橋脩54
1枠2番トップゾーン丸田55
2枠3番エオリアンハープ木幡53
2枠4番ネオヴァンドーム中舘56
3枠5番アドマイヤコスモス上村57
3枠6番コスモファントム丹内57.5
4枠7番ネヴァブション後藤58
4枠8番エーシンジーライン田辺56
5枠9番デストラメンテ吉田隼53
5枠10番イケドラゴン江田照51
6枠11番ダイワファルコン北村宏56
6枠12番フェデラリスト蛯名55
7枠13番エクスペディション浜中55
7枠14番アクシオン柴田善57
8枠15番ネオサクセス吉田豊54
8枠16番ミステリアスライト藤田55

ワイド5点 5-13 5-8 5-6 5-12 8-13
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 14:40| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください