2012年01月05日

京都金杯&中山金杯結果

シルポートの逃げに加えて、タマモナイスプレイやブリッツェン、オースミスパークあたりも前を狙い、ペースが早くなってレースは進む。
すると直線では先頭集団が一気に失速。外からアスカトップレディが先頭に立つ勢いで伸びてくる。
しかし、先行馬が厳しい流れながらも好位から抜け出したのはマイネルラクリマ。やはりマイル適性は高かったようで、厳しい展開ながらもそのまま後続を突き放して快勝。今後もマイル戦線での活躍が期待できる勝利だった。
2着にはアスカトップレディが粘るところに、後方からダノンシャークが突っ込んできた。
3着のアスカトップレディは得意の距離で3着と結果を残した。
ショウリュウムーンやサダムパテックも伸びてきていたが、前には届かず。

2枠4番マイネルラクリマ松岡55
1:32.9
4枠7番ダノンシャーク安藤勝54
1:33.1
8枠16番アスカトップレディ酒井53
1:33.1
5枠9番ショウリュウムーン小牧54
1:33.2
5枠10番サダムパテック岩田57
1:33.2
3枠5番アスカクリチャン田中勝55
1:33.2
1枠1番オセアニアボス武豊57
1:33.4
2枠3番マヤノライジン松田54
1:33.5
4枠8番ブリッツェン秋山56
1:33.6
1枠2番ヤマカツハクリュウ川須54
1:33.6
3枠6番オースミスパーク川島56
1:33.7
7枠13番ライブコンサート四位57.5
1:34.1
7枠14番ガンダーラ和田55
1:34.3
6枠12番ビッグウィーク川田 福永58
1:34.4
6枠11番タマモナイスプレイ渡辺56
1:34.7
8枠15番シルポート58
1:35.9

結果:ワイド590円的中 -10円


エーシンジーラインが単騎で逃げるが、4コーナーで外から追い上げたフェデラリストとダイワファルコンが直線で先頭に立ち2頭の叩き合いに。
昨年秋に勝ち上がってきた2頭の叩き合いは、フェデラリストが制した。
2着にダイワファルコン。
3着には先行して粘ったコスモファントム。
人気のアドマイヤコスモスはレース中に骨折。今後のG1戦線での活躍が期待される馬だっただけに非常に残念。

6枠12番フェデラリスト蛯名55
1:59.4
6枠11番ダイワファルコン北村宏56
1:59.4
3枠6番コスモファントム丹内57.5
1:59.8
4枠8番エーシンジーライン田辺56
1:59.9
7枠13番エクスペディション浜中55
1:59.9
2枠4番ネオヴァンドーム中舘56
2:00.0
2枠3番エオリアンハープ木幡53
2:00.1
1枠2番トップゾーン丸田55
2:00.2
8枠15番ネオサクセス吉田豊54
2:00.3
5枠10番イケドラゴン江田照51
2:00.5
8枠16番ミステリアスライト藤田55
2:00.6
4枠7番ネヴァブション後藤58
2:00.8
7枠14番アクシオン柴田善57
2:01.1
1枠1番ダンスインザモア石橋脩54
2:01.2
5枠9番デストラメンテ吉田隼53
2:01.5
3枠5番アドマイヤコスモス上村57
2:08.1

結果:-500円
posted by ナイト at 23:39| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください