2012年01月17日

TCK女王盃予想

12月のクイーン賞で2~5着の馬が揃って出走。そして久々に交流重賞出走となるプロヴィナージュ。かなりレベルの低いメンバー。
本命は素直にクイーン賞2着のプレシャスジェムズ。クイーン賞では展開、馬場、斤量全てに恵まれて、今回は斤量3キロ増、そして船橋よりは直線の長い大井で差しも決まりやすい。悪条件ではあるのだが、それでもまだ他のメンバーとは力の差があるのではないだろうか。マイペースで逃げれば強いだろう。
あとは中央の4頭を押さえて終わり。地方馬は目立つ馬はいない。

1枠1番プレシャスジェムズ吉田隼56
2枠2番プロヴィナージュ佐藤57
3枠3番カラフルデイズ岩田55
4枠4番スウィングベル柏木54
5枠5番ウェディングフジコ蛯名56
6枠6番ハルサンサン今野54
6枠7番ラインジュエル有年55
7枠8番パールシャドウ横山典55
7枠9番ショウリダバンザイ服部茂55
8枠10番マトリックストート赤嶺54
8枠11番ローザレーヌ坂井54

ワイド5点 1-8 1-5 1-3 1-2 5-8
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 00:55| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください