2012年06月01日

鳴尾記念予想&安田記念予想2

アーネストリー、ショウナンマイティ、トゥザグローリー、トーセンラー、ナカヤマナイト。この5頭でいいか。スマートギアとダンツホウテイはローカル重賞で活躍しているが、ここでは少し格下だろう。
本命馬を考える。
トーセンラーはここ2走の敗因は雨だろう。ただ、その前の良馬場の京都記念で古馬に通用しなかったことを考えると、少し不安か。
同じくナカヤマナイトも大阪杯で5着と、少し物足りない。
ではトゥザグローリーだが、この馬は冬に成績がよく、気温が低いほうがいいのではないかと言われているのが心配。
開幕週ということで先行馬有利の馬場ならショウナンマイティも狙いにくい。
本命はアーネストリー。昨年のオールカマーまで2年間ずっと3着を外さなかったこの馬が、ここ3走は急変。しかし、天皇賞秋はシルポートが作った先行馬が総崩れの超ハイペースに巻き込まれ、逆に有馬記念ではスローペースになりすぎ、苦手な直線の瞬発力勝負になってしまった。そして前走は状態が万全でなかったことと、苦手な力のいる重い馬場。ここ3走は全て敗因がしっかりしているだけに、開幕週で先行馬有利な馬場の今回は復活の可能性は十分にあるだろう。不安材料はと言えば、できれば2、3番手からの競馬をしたいこの馬だが、今回は逃げ馬不在でこの馬がハナに立つ展開となりそうなこと。

1枠1番アーネストリー佐藤58
2枠2番ロードニュースター和田56
3枠3番ナカヤマナイト柴田善56
4枠4番スマートギア松山56
5枠5番アドマイヤメジャーウィリアムズ56
6枠6番トーセンラー岩田56
7枠7番イケトップガン川田56
7枠8番ショウナンマイティ浜中57
8枠9番ダンツホウテイ吉田豊56
8枠10番トゥザグローリー福永57

三連複6点 1-6-10 1-8-10 1-3-10 1-6-8 1-3-6 1-6-8
自信度★★★☆☆


ラッキーナインを本命とした。
それなら、前走ラッキーナインを破っているグロリアスデイズも軽視はできないだろう。
展開を考えると、シルポートの単騎逃げだろう。競りかけそうな馬も見当たらず、ハイペースにはならないだろうから、後方の追い込みにかける馬は厳しいだろう。とりあえずペルーサは捨てる。
かといって、シルポートは今までの成績を見ても、G1で逃げ切れるような実力はなく、ここ2走は馬場状態に恵まれたというべきだろう。
そして、コスモセンサーやガルボも物足りない。
マイルCSの1、2着馬エイシンアポロンとフィフスペトル。この2頭の扱いに迷うのだが、エイシンアポロンはやはり雨が降ってこその馬だろう。そしてフィフスペトルだが、切れる脚がないこの馬にとって今の東京の高速馬場は厳しいだろう。
気になるのはグランプリボス。マイルがわずかに長いかもしれないが、NHKマイルCの強さを見ると捨て切れない。
そのグランプリボスに7戦して6敗と、圧倒的に成績が悪いのが昨年の覇者リアルインパクト。やはり昨年は54キロの斤量に恵まれた印象が強い。ただ、その後が評価のしにくいレースばかりで、本当に実力があるのか、それとも昨年の勝利は早熟で斤量に恵まれたおかげだったのか、判断しにくい。
それよりはストロングリターン。東京の成績はいいし、昨年の2着馬で実力は日本馬では一枚上ではないだろうか。2走前は雨、前走は骨折明けと、敗因はしっかりとあるだけに、叩き2走目での巻き返しに期待したい。ただ、不安は鞍上。
ローズキングダムはマイルが得意かどうかはわからない。2400mで3勝しているので、今は中距離のほうがいいかもしれない。ただそれでも高速馬場への適性は高いだろうから捨てられない。
サダムパテックは東京が得意なのはわかるが、鳴尾記念や京都金杯での負け方が気に入らない。本当に強い馬なのかどうか、まだ信用できない。
牝馬が3頭もいるので来にはなるが、アパパネが少し不調に陥っており、ドナウブルーは格下。怖いのはマルセリーナだが、今の東京の馬場で追い込みのこの馬は狙いにくい。

1枠1番ダノンヨーヨー北村友58
1枠2番ガルボ石橋脩58
2枠3番グランプリボス内田58
2枠4番ストロングリターン福永58
3枠5番ラッキーナインプレブル58
3枠6番スマイルジャック丸山58
4枠7番サダムパテックウィリアムズ58
4枠8番コスモセンサー松岡58
5枠9番フィフスペトル横山典58
5枠10番アパパネ蛯名56
6枠11番エイシンアポロン池添58
6枠12番ドナウブルー川田56
7枠13番シルポート小牧58
7枠14番グロリアスデイズホワイト58
7枠15番リアルインパクト岩田58
8枠16番ローズキングダム武豊58
8枠17番マルセリーナ田辺56
8枠18番ペルーサ安藤58
posted by ナイト at 16:14| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください