2012年06月10日

エプソムC予想

最終週の今週も高速馬場ということは変わらないだろう。ただ外差しが決まりやすくなっているかもしれない。
狙い馬は、セイクレッドレーヴ、ダイワファルコン、ダノンシャーク、トーセンレーヴ、レッドデイヴィス。
本命はレッドデイヴィス。この距離は重賞2勝と得意だし、重馬場の中山記念の大敗から持ち直し、前走のマイラーズCでは5着と健闘。重賞2勝と相性のいい浜中が乗るのも怖い。
相手はセイクレッドレーヴ。やはり52キロというのは不気味。3歳の力関係は不明だが、とりあえずこの斤量なら捨て難い。
そしてダノンシャーク。今年に入って重賞戦線で好走を続けている。ただ脚質的に後方待機の馬で、スローペースになると差し届くのかどうか。
ダイワファルコンは中山が得意なようにも思えるが、東京でも2着1回、3着2回と好走している。直線の瞬発力勝負は少し不安だが、捨てられない。
あとはトーセンレーヴ。この馬はいつも過剰人気しているように思えるのだがどうだろうか。たしかにオープンで3勝しているのは力があるということだが、どのレースも相手がそこまで強くなく、それに勝ちっぷりも普通。重賞ではあと一歩というレースが続いているように、血統で人気しているように思えるのだが、本当に力を秘めているのではないかという怖さもあって捨てるまでには行かない。
オセアニアボスやヤマカツハクリュウは距離が長そうだし、サンライズベガやレッツゴーキリシマはここを叩いてサマーシリーズで勝負だろう。メイショウカンパクは重賞では雨が振ってこそという感じだし、武豊は最近は先行馬なら狙えるが追い込み馬は狙いにくい。レディアルバローザは牡馬相手だと少し格下か。シルクアーネストやモンテエンは少し力不足な感じがするし、ダノンスパシーバも重賞では少し頭打ちか。それに上がりの早い瞬発力勝負は苦手そう。

1枠1番セイクレッドレーヴ横山典52
1枠2番キングストリート石橋脩56
2枠3番マイネルスターリー柴田大57
2枠4番アクシオン田中博58
3枠5番レディアルバローザ内田54
3枠6番トーセンレーヴウィリアムズ56
4枠7番トップゾーン吉田豊56
4枠8番メイショウカンパク武豊56
5枠9番サンライズベガ中舘57
5枠10番ダノンスパシーバ蛯名56
6枠11番ヤマカツハクリュウ田中勝56
6枠12番オセアニアボス武士沢56
7枠13番ダイワファルコン北村宏56
7枠14番ダノンシャーク福永56
7枠15番モンテエン松岡56
8枠16番レッツゴーキリシマ江田照57
8枠17番シルクアーネスト池添56
8枠18番レッドデイヴィス浜中56

ワイド6点 1-18 14-18 13-18 6-18 1-14 1-13
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 08:06| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください