2012年06月12日

関東オークス&北海道スプリントC予想

毎年難しい牝馬限定の3歳ダート重賞。
中央からは、兵庫CSで4着のエイシンキンチェム。さらには白毛馬でダート2勝のマシュマロ。芝ダートともに好走しているサトノジョリー。そして4戦4連対のオールドパサデナ。
地方で怖いのは、ここ3走牝馬相手なら格上という様子のアスカリーブル。
この5頭の中から本命を選ぶのは難しいのだが、本命はエイシンキンチェム。前走は兵庫CSで牡馬相手に4着。確かに前との差はあったものの、まずまず健闘したといえるだろう。それに、小回りの川崎コースで前に付けられるこの馬は他の馬より有利と見た。

1枠1番リカチャンス本橋54
2枠2番ミスシナノ佐藤博54
3枠3番ショコラヴェリーヌ的場文54
3枠4番アスカリーブル今野54
4枠5番グラッツェーラ真島大54
4枠6番シラヤマヒメ戸崎54
5枠7番エイシンキンチェム岩田54
5枠8番コテキタイ張田54
6枠9番マシュマロ川田54
6枠10番サトノジョリーウィリアムズ54
7枠11番ラブミーアゴー坂井54
7枠12番ガルシーズン柏木54
8枠13番レディーソルジャー森泰54
8枠14番オールドパサデナ横山典54

ワイド5点 7-14 4-7 7-10 7-9 4-14
自信度★★☆☆☆


わりと地方馬が馬券に絡んでいる印象のある北海道スプリントC。
中央馬はタイセイレジェンド、トウショウカズン、セレスハントの3頭に加えて、そろそろ復活してほしいサマーウインド。
タイセイレジェンドはカペラS3着など、中央でも1200mで好走。
セレスハントも地方のメンバー相手なら東京スプリントを昨年制したりと、この距離でも通用する。
久々1200mのトウショウカズンだが、こちらも1400mでは地方馬を寄せ付けないだろうから、200mの距離短縮でも大丈夫だろう。
サマーウインド。59キロを背負っていても捨て切れないのがこの馬。2年前、圧倒的なスピードで短距離ダートの頂点に立ったこの馬を簡単には捨てられない。叩き3走目でそろそろ復活気配ではないだろうか。
そう考えると、今年は地方馬は用なしだろう。

1枠1番アーバンストリート小国57
2枠2番タイセイレジェンド内田56
3枠3番ダイワエンパイア桑村56
4枠4番ナイキハイグレード川島正56
4枠5番ブリーズフレイバー繁田56
5枠6番グレンチェック井上54
5枠7番ギンゲイ宮崎光56
6枠8番プリティゴールド五十嵐冬56
6枠9番トウショウカズン川田56
7枠10番セレスハント岩田57
7枠11番ガルホーム真島正53
8枠12番ロクイチスマイル岩橋51
8枠13番サマーウインド藤岡佑59

三連複4点 2-9-13 2-9-10 2-10-13 9-10-13
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 14:22| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください