2012年06月19日

宝塚記念予想1

今年から阪神最終週開催の宝塚記念。そのため馬場状態に大きく左右されるので、土曜日の阪神の様子を見てからでないとなんとも言えないところである。
先週と同じ傾向ならば、外差し有利ということで考えなくてはいけない。
そうなると、アーネストリーやトゥザグローリー、フェデラリストは厳しいか。
ウインバリアシオン、エイシンフラッシュ、オルフェーヴル、ショウナンマイティ、ルーラーシップ。このあたりが差し馬としては注目どころか。
まず注目の的となるオルフェーヴルだが、気合が戻っているのかどうか。馬の強さは明らかに上なのだが、天皇賞春の時のように、気合が乗っていないなら全く走らないだろう。不安が残る今回は本命にしにくい。
ではオルフェーヴルに変わって人気するだろうルーラーシップだが、この馬は今まで書いてきたように、日本での成績は外回りコースだと強く、逆に京都と阪神の内回りや中山といった小回りのコースではなかなか好走していない。雨が降った時は強いのだが、良馬場なら今回の阪神内回りコースは大跳びのこの馬にとってはベストの舞台ではないだろう。
ルーラーシップと同じ海外帰りのエイシンフラッシュはドバイ以来というローテーションが少し不安。それに、この馬はダービーを勝った時や、天皇賞春と有馬記念の2着のように、スローペースの瞬発力勝負を得意とする馬。ネコパンチ、アーネストリー、ビートブラックと、わりと早いペースでレースを進めたい馬がいるならこの馬には展開が向かないだろう。
ではウインバリアシオンか。ただ、この馬はどうしてもオルフェーヴルの2番手という印象が強く、実力に少し不安がある。日経賞では1キロ重いルーラーシップ相手にクビ差でぎりぎりの2着。天皇賞春では内外の差はあったものの、ジャガーメイルとクビ差。いい末脚で追い込んでくるものの、後方一気の馬にしては少し物足りなさを感じる。
本命はショウナンマイティ。走っているレースがスローペースばかりで、ハイペースになった時の追い込みが通用するのかどうか。それに折り合いも問題があり、不安も多いこの馬だが、ここ最近の末脚は強烈。3走前の大阪城Sは格下相手の敗戦だったが、馬体重プラス16キロと、休み明けで太め残りだったことを考えると、これは参考外。大阪杯で強豪相手に一気に差し切ったように、末脚は本物。距離延長、展開、折り合いと、いろいろな課題があるが、この馬の末脚が発揮出来れば、このメンバーでも差し切れるだけの脚はあると見ている。

◎ショウナンマイティ
posted by ナイト at 01:36| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください