2012年10月02日

白山大賞典&東京盃&レディスプレリュード予想

実力的にニホンピロアワーズが格上で、この馬の本命は決めるとして、相手が難しい。
2番手はナムラダイキチ。地方に移籍してから20戦して17勝、2着3回。しかもここ3走は、2着馬に2秒4、1秒6、2秒2という圧倒的な差をつけて勝ち続けている。充実している今なら、中央馬とも十分戦えるだろう。
そのナムラダイキチが3回負けた相手、ジャングルスマイルは昨年4着、一昨年の2着馬。とはいってもこちらはナムラダイキチに4回負けている。それに、いつも逃げて最後まで粘り切るタイプの馬だが、今回は中央のエーシンモアオバーがいるため、自分のペースで逃げられないのではないだろうか。
そのエーシンモアオバーは当然怖い。単騎逃げに出る可能性は十分にある。ただ、有力な先行馬が揃っていれば、最後は潰れる可能性はある。
他の中央馬ではピイラニハイウェイは力不足だろうし、クリールパッションやダイシンオレンジもパンチ力に欠ける。押さえに入れるが強くは狙いにくい。

1枠1番ナムラダイキチ畑中54
2枠2番リワードレブロン永森54
3枠3番キングローズ兒島54
4枠4番オグリシュンコー吉井友54
5枠5番ダイシンオレンジ川田55
5枠6番キョウワシャドー吉村54
6枠7番ピイラニハイウェイ岩田55×
6枠8番ジャングルスマイル平瀬54×
7枠9番タートルベイ堀場54
7枠10番エーシンモアオバー藤田54
8枠11番クリールパッション津村55
8枠12番ニホンピロアワーズ酒井57

三連複5点 1-10-12 1-5-12 1-11-12 1-8-12 1-7-12
自信度★★☆☆☆


混戦のダートスプリント界。
地方トップのスプリンター、ラブミーチャン。この馬の逃げを中央馬が捕らえられるかどうかという争いになるだろう。
本命は重賞4連勝中のセイクリムズン。やはり今ならこの馬が中央のトップだろう。
対抗にタイセイレジェンド。1200mに限れば3着を外したことのない安定感は怖い。
3番手にラブミーチャン。1400mの地方交流重賞では中央馬に通用しないものの、1200mなら十分中央馬と戦える。
ティアップワイルドも1200mの安定感は素晴らしいが、9ヶ月ぶりということで押さえまで。
セレスハントは1200m戦ならこれらの強豪には勝てないだろう。逃げ馬も揃って、ハイペースとなればさらに厳しそう。
あとはテイクアベットだが、こちらも1200mの早いペースの勝負の経験がなく、前走も1400mでの重賞勝利だった分、信用しにくい。

1枠1番テイクアベット56×
1枠2番スターボード戸崎56
2枠3番ヤサカファイン有年56
2枠4番ブリーズフレイバー繁田56
3枠5番オオエライジン木村健56
3枠6番コウギョウダグラス柏木56
4枠7番ゴールドキャヴィア御神本52
4枠8番ティアップワイルド石橋脩56
5枠9番セレスハント福永56
5枠10番コアレスピューマ本橋56
6枠11番セイクリムズン岩田57
6枠12番ジーエスライカー坂井56
7枠13番ギオンゴールド和田譲54
7枠14番セントラルコースト今野56
8枠15番ラブミーチャン濱口54
8枠16番タイセイレジェンド内田56

ワイド5点 11-16 11-15 8-11 1-11 15-16
自信度★★☆☆☆


牝馬ダート界のトップ、ミラクルレジェンドと、地方ダート界のトップ、クラーベセクレタの対決に、地方移籍後9戦8勝と絶好調のロッソトウショウが割って入るかどうかというメンバー構成。
それに続くのは、中央からプレシャスジェムズとプリンセスペスカの2頭だろう。
ダートムーアは格下だし、エーシンクールディは去年3着だが、やはり1800mは少し長く、ロッソトウショウに連敗中というのも狙いにくい。

1枠1番プレシャスジェムズ横山典55
2枠2番ロッソトウショウ吉田晃55
3枠3番ショウリダバンザイ御神本55
3枠4番トウカイレジーナ酒井忍55
4枠5番ハートゴールド本橋55
4枠6番リアライズキボンヌ福永53
5枠7番ミラクルレジェンド岩田56
5枠8番ダートムーア川田55
6枠9番マックスビート今野55
6枠10番クラーベセクレタ戸崎56
7枠11番アイキャンディ矢野53
7枠12番エーシンクールディ岡部55
8枠13番プリンセスペスカ55
8枠14番サクラサクラサクラ森泰55

三連複5点 2-7-10 1-7-10 7-10-13 1-2-7 1-7-13
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 00:46| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください