2013年01月14日

日経新春杯&フェアリーS結果

ホッコーガンバ、トップゾーンが逃げ、それを見るような位置にトウカイパラダイスがつけ、その後ろにカポーティスターやムスカテールと、内枠の馬が好位のいい位置からレースを進める。
直線に向くと逃げる2頭の外からトウカイパラダイスが先頭に並びかけようとするが、それらをまとめて交わして先頭に立ったのは、やはり内が有利だったか、カポーティスター。逃げ馬のさらに内、最内のラチ沿いを回って伸びてくると直線途中で先頭に立つ。するとそのままトウカイパラダイスや、カポーティスターの後ろから内を狙って来たムスカテールを振り切って重賞初勝利。軽ハンデと枠に恵まれたことは否めないが、それでも見事な勝利だった。
2着にムスカテールと、やはり内枠有利は変わらなかった。
3着争いは、カフナやエキストラエンドといった有力馬が外から来て、さらに最後は後方からカルドブレッサがすごい脚で追い込んできたものの、やはり内有利は変わらなかったか、トウカイパラダイスが粘り切った。

1枠2番カポーティスター高倉52
2:25.0
1枠1番ムスカテールビュイック56
2:25.1
2枠3番トウカイパラダイス柴山56
2:25.2
3枠5番カルドブレッサ53
2:25.2
6枠11番エキストラエンド岩田53
2:25.3
7枠13番カフナルメール53
2:25.5
6枠12番ナムラオウドウ北村友53
2:25.6
2枠4番メイショウカンパク蛯名57.5
2:25.6
4枠8番ホッコーガンバ国分優52
2:25.7
7枠14番ダコール福永55
2:25.7
5枠10番エナージバイオ酒井50
2:25.9
8枠15番オールザットジャズ浜中55
2:26.0
5枠9番ロードオブザリング池添55
2:26.0
3枠6番サトノパンサー松田54
2:26.0
4枠7番メイショウウズシオ飯田55
2:26.2
8枠16番トップゾーン国分恭54
2:26.4

結果:ワイド800円的中 +200円


スローペースの前残りで、見どころのあまりないレースとなってしまったフェアリーS。
逃げたのはクラウンロゼ。それに続いて行ったサンブルエミューズで、この2頭の直線での叩き合いになる。
一度はサンブルエミューズが前に出たように見えたが、再びクラウンロゼが差し返すという追い比べ。
すると、そこに好位にいたウキヨノカゼが外から伸びてきて、ゴール前は3頭の勝負になる。
勝ったのは逃げ切ったクラウンロゼ。
2着に外から差してきたウキヨノカゼ。
サンブルエミューズは失速して3着。今回も評価を低めにしたが、この展開で勝ちきれないようなら、この馬は距離が短い方がいいのではないだろうか。
人気のイリュミナンスも好位から伸びてくるが、4着どまり。とにかく前が残るだけの競馬となってしまった。
人気のウインプリメーラは今回は中団からの競馬をしたおかげで、見せ場なく8着となった。

4枠8番クラウンロゼ三浦54
1:34.7
6枠11番ウキヨノカゼ横山典54
1:34.7
7枠14番サンブルエミューズ岩田54
1:34.7
4枠7番イリュミナンスルメール54
1:34.7
8枠16番スイートサルサ田辺54
1:34.8

結果:-500円


今週の結果

日曜京都9R五条坂特別
ジョヴァンニが逃げて4馬身差の楽勝。前走は7馬身差、未勝利は大差勝ちと、ダートに路線変更して本領発揮。この後どこまで強くなるか楽しみな1頭。
posted by ナイト at 15:09| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください