2013年01月20日

AJCC&東海S予想

まだ雪の影響で少しだけ馬場が悪い中山。そうなってくると、時計のかかる馬場で強そうなダノンバラードが狙い目か。
他にも、ゲシュタルトやトランスワープ、ルルーシュといった気になる馬は多い。
穴はマカニビスティーを考えたが、中山のような小回りコースが合うのだろうか。この馬は芝の重賞でも十分通用する力はありそうだが、今までの成績を見ると、もう少し広いコース向きのように思える。
昨年4着のサンテミリオンも諦め悪く狙ってみたかったが、稍重まで馬場が回復しているなら狙いにくい。
アドマイヤラクティは金鯱賞で3着だが、2走前にダノンバラードに完敗しているし、それまでの成績からも、金鯱賞は展開に恵まれただけという印象が強い。
サトノアポロも1600万の勝ちタイム、上がりが遅すぎるし、最後は2着に迫られての接戦というのも評価しにくい。

1枠1番サトノアポロ蛯名56
2枠2番マカニビスティー吉田隼56
3枠3番ダノンバラードベリー56
4枠4番アドマイヤラクティ内田56
5枠5番トランスワープ大野56
5枠6番ゲシュタルト勝浦56
6枠7番トップカミング岩部56
6枠8番シンゲン三浦56
7枠9番ルルーシュマクドノー57
7枠10番マルカボルト石橋脩56
8枠11番ネコパンチ江田照57
8枠12番サンテミリオン北村宏54

ワイド5点 3-5 3-9 3-6 5-9 5-6
自信度★☆☆☆☆


今年からフェブラリーSの前哨戦的な位置付けで東海Sがこの時期に1800mで行われる。正直なところ、中京1800mは最後の坂もあるので長距離向きの馬も出走してくるだろうから、フェブラリーSに向かうようなマイラーがステップとしてここを積極的に使うのかどうか疑問がある。だが、単純に重賞としてみると、JCダートでそれなりの結果を残した馬が集結する、面白いレースといえるだろう。
本命はグランドシチー。前走、休み明けでオープンを快勝したように、ようやく本格化したと見る。
対抗にホッコータルマエ。そのグランドシチーに敗れたものの、JCダート3着の実力馬。休みなく来ているので疲れが少し心配
3番手にグレープブランデー。そろそろジーワン馬の調子が戻ってきたか。JCダートで5着と、本来の力を取り戻しつつあるのではないだろうか。
4番手はソリタリーキング。JCダートは大敗したが、東海SやブリリアントSの勝ちっぷりを見るとやはりこのメンバーでも実力が上位であることは間違いない。あとはいかにその力を出し切るか。
押さえにハートビートソング。前走は1年半ぶりのレースでいきなりの快勝。素質の高さはやはり本物。
サイレントメロディやミラクルレジェンドといった差し馬も気にはなったが、どちらもやはりソリタリーキングあたりよりは少し力不足な感じは否めない。サイレントメロディはそれに加えて休み明けだし、ミラクルレジェンドはラヴェリータとしのぎを削っていた頃と比べて少し衰えたように思えるがどうだろうか。
ヤマニンキングリーはスタートが芝の、阪神2000mで圧倒的に強いだけで、純粋なダートでは少し劣る。
ナムラタイタンは最近の様子なら1800mでも通用してもいいかもしれないが、それでもやはりベストはマイルだろう。

1枠1番ソリタリーキング浜中57
1枠2番ハートビートソング藤岡佑56
2枠3番ヤマニンキングリー武豊56
2枠4番グランドシチー津村56
3枠5番オースミイチバン川島56
3枠6番ホッコータルマエ55
4枠7番メダリアビート秋山56
4枠8番サイレントメロディ横山典56
5枠9番ナムラタイタン柴山56
5枠10番タカオノボル松田56
6枠11番バトルドンジョン太宰56
6枠12番バックトゥジエース武幸56
7枠13番ミラクルレジェンド岩田54
7枠14番アイファーソング川須56
8枠15番グレープブランデールメール57
8枠16番フリートストリート和田55

ワイド6点 4-6 4-15 1-4 2-4 6-15 1-6
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 00:25| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください