2013年03月01日

チューリップ賞&オーシャンS予想

ローブティサージュ、クロフネサプライズの阪神JF1、2着馬が出走。さらには強い勝ち方で連勝中のレッドオーヴァルも含めてこの3頭が人気の中心か。
しかし、阪神JFを振り返ると、当時は極めて内有利の馬場で、この2頭は馬場に恵まれた印象が強い。同じように今回もうまくいくのだろうか。
また、レッドオーヴァルは距離延長と、ここ2走が時計のかかる馬場での快勝だったこともあり、この馬も強く狙いにくい。
そうなると、下手をすると馬券圏外にまで落ちることも考えられる。それならエルフィンS2着のウインプリメーラも警戒をしておきたい。
アユサンも阪神JFでまずまず好走したものの、開幕2週目でしかも逃げ馬不在となれば、追い込み勝負のこの馬には、展開、馬場ともに向かないのではないだろうか。
新馬1戦1勝のヴィルジニアは、バリバリの海外血統。前走は馬場が悪くなり始めた京都で、荒れたインを突いて勝ったレースだったが、それは荒れた馬場を苦にしない海外馬のようなパワー型だということなのではないだろうか。開幕2週目の時計の早い馬場なら狙いにくい。
本命はクロフネサプライズ。阪神JFがフロック視されて人気があまり出ないようなら今回は配当的に狙ってみたい。実績のある3頭といっても、どの馬も不安要素を抱えているので、それなら前残りを警戒して先行力のあるこの馬から勝負する。

1枠1番グッドレインボービュイック54
2枠2番アルテミシア54
2枠3番エクシパーシヴ川島54
3枠4番ウリウリ浜中54
3枠5番プリンセスジャック松山54
4枠6番アユサン丸山54
4枠7番クロフネサプライズ武豊54
5枠8番レッドフォーチュン四位54
5枠9番コズミックショア岩田54
6枠10番ベアトリッツ太宰54
6枠11番ピッチシフター岡部54
7枠12番ヴィルジニア池添54
7枠13番ウインプリメーラ和田54
8枠14番ローブティサージュ秋山54
8枠15番レッドオーヴァルC.デムーロ54

ワイド4点 7-15 7-13 7-14 13-15
自信度★★★☆☆


このメンバーなら格が違うダッシャーゴーゴー。この馬の本命は決まりで、あとは相手探しの一戦と考える。
相手筆頭はアドマイヤセプターか。昨年の京阪杯で2着と、この距離への適性も示した。距離短縮で折り合いの不安がなくなり、成績も安定しており、このメンバー相手なら上位争いは可能だろう。
その京阪杯を勝ったハクサンムーンは、展開に恵まれた勝利だった感じは否めないが、それでも開幕2週目の中山なら同様の前残りは警戒しておきたい。
同じ前残りで言うとフォーエバーマークも怖いが、休み明けなのでこちらは捨てる。
実績で言うと、オープンレベルなら安定しているエーシンホワイティも怖い。最近は成績が良くないものの、オープンと変わらないメンバーのここならある程度上位争いができるのではないだろうか。
それから強い勝ち方で連勝中のサクラゴスペル。先行力があるのは中山では魅力。
同じく連勝中のラフレーズカフェは、2走とも大外ぶん回しで差し切る競馬。中山でこの勝ち方ができるのは強い馬の証拠ではないだろうか。
アフォードは重賞では頭打ちな感じだし、サドンストームは追い込み一辺倒で、中山では狙いにくい。
穴はツルマルレオン。この馬も追い込み一辺倒でだが、中央移籍でいきなりの戸崎ということだけで警戒しておく。

1枠1番フォーエバーマーク吉田豊54
1枠2番ケイアイアストン蛯名56
2枠3番ハクサンムーン石橋56
2枠4番セイクレットレーヴ柴田善56
3枠5番ダッシャーゴーゴー川田56
3枠6番ニシノビークイック田辺56
4枠7番アドマイヤセプターバルジュー54
4枠8番サクラゴスペル横山典56
5枠9番アフォード村田56
5枠10番ポアゾンブラック江田照56
6枠11番エーシンホワイティ小牧56×
6枠12番サドンストーム津村56
7枠13番ツルマルレオン戸崎56×
7枠14番サクラアドニス松岡56
8枠15番ラフレーズカフェ柴山54
8枠16番エーシンヒットマン藤岡康56

ワイド6点 5-7 5-8 5-15 3-5 5-11 5-13
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 23:16| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください