2013年05月05日

NHKマイルC予想3&新潟大賞典予想&かしわ記念予想1

ゴットフリートが強いのではないかと思ってはいるが、前走の大敗で少し信頼しにくいのは事実。
穴のモグモグパクパクはかなり気になっているが、大外枠というのが不安で、自信を持って狙える馬がいない。
ピンクカメオの年のように大波乱がおきることもあるレースで、なかなか難しい。ただ、今後のマイル戦線的には、エーシントップが勝てば盛り上がりそうだとは思っている。

1枠1番アットウィル三浦57
1枠2番ザラストロ武豊57
2枠3番ストーミングスターM.デムーロ57
2枠4番マイネルエテルネル石橋57
3枠5番ディアセルヴィス菱田57
3枠6番レッドアリオン川須57
4枠7番ゴットフリート戸崎57
4枠8番マイネルホウオウ柴田大57
5枠9番コパノリチャード福永57×
5枠10番ガイヤースヴェルトウィリアムズ57
6枠11番カシノピカチュウC.デムーロ57
6枠12番フラムドグロワール横山典57
7枠13番シャイニープリンス吉田豊57
7枠14番ローガンサファイア浜中55×
7枠15番エーシントップ内田57
8枠16番サトノネプチューン岩田57
8枠17番インパルスヒーロー田中勝57
8枠18番モグモグパクパク北村宏57

ワイド6点 7-15 6-7 7-18 7-14 7-9 6-15
自信度★★★☆☆


ナカヤマナイトがまさかのローカル重賞に出走。しかし、得意の中山とは大きく違う新潟の高速馬場。コース適性には不安が残る。それでも実力が明らかに上なので本命にしたい。
かと言って、4戦連続重賞2着のアドマイヤタイシはパワータイプで高速馬場の新潟が合わなさそうなイメージ。2着続きにピリオドを打つ待望の重賞制覇というよりは、直線で失速する可能性のほうが高いように思える。
そして、触れないわけにはいかないのがG1を2勝しているローズキングダム。こんなところに出走してくる姿が非常に悲しい。高速馬場の瞬発力勝負となればこの馬が得意とする舞台。ただ、ここ最近の成績では実力どうこうではなく、馬自体が走る気をなくしているのではないだろうか。
怖いのはサトノアポロ。ハンデが一気に2キロ増えるのは嫌だが、安定した末脚で、33秒台の上がりも使えるため高速馬場への適性も大丈夫だろう。ただし、大外枠で2番手評価まで。
穴は新潟4勝のアスカクリチャン。
ダコールは小回りコースでまくって上がっていって差す競馬で結果を残しているように、3、4コーナーあたりから長くいい脚を使う競馬をしている。今回のように直線の長いコースで脚を使い続ける競馬は合うのかもしれない。
3連勝中のヴェルデグリーンは展開に恵まれて勝利している印象も強く、このメンバー相手では少し物足りない。
パッションダンスは今までの成績を見る限り、高速馬場への適性に不安がある。

1枠1番ヴェルデグリーン田辺54
1枠2番ナカヤマナイト柴田善58
2枠3番サクセスパシュート吉田隼54
2枠4番ダコール丸田56
3枠5番スマイルジャック柴山57
3枠6番マイネルスターリー丹内56
4枠7番アドマイヤタイシ丸山56
4枠8番コスモファントム伊藤57
5枠9番ローズキングダム松田58
5枠10番アスカクリチャン勝浦57
6枠11番パッションダンス藤岡康55
6枠12番ダノンヨーヨー高倉57
7枠13番セイクリッドバレー津村56
7枠14番テイエムアンコール大野54
8枠15番ダンツホウテイ古川55
8枠16番サトノアポロ蛯名57

ワイド5点 2-16 2-4 2-3 2-7 4-16
自信度★★☆☆☆


マイルならエスポワールシチー、ローマンレジェンド、ホッコータルマエの3頭の勝負か。
ただ、今年のフェブラリーSでまさかのセイクリムズンの4着や、昨年のフェブラリーSを制したテスタマッタもいて、結局中央勢は絞り切れない。
それでも絞るならセイクリムズンか。やはりマイルは長いように思える。

1枠1番エスポワールシチー浜中57
2枠2番トップフィーリング松戸57
3枠3番テスタマッタ戸崎57×
4枠4番セイクリムズン内田57
5枠5番ピエールタイガー真島大57
6枠6番ナイキマドリード川島正57
6枠7番ホッコータルマエ57
7枠8番トーセンアドミラル御神本57
7枠9番ローマンレジェンド岩田57
8枠10番アイディンパワー石崎駿57
8枠11番エナージバイオ坂井57
posted by ナイト at 10:14| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください