2013年05月24日

京都HJ予想&ダービー予想2

実力は明らかに上だが、落馬の多いテイエムハリアー。本命にするかどうか迷うところだが、このメンバー相手なら障害8勝の実力をきっちり見せてもらいたい。
対抗にルールプロスパー。平地のオープンでも好走していたこの馬が、前走は障害のオープン戦で大差勝ち。力でテイエムハリアーをねじ伏せるとすればこの馬か。
3番手はナリタシャトル。中山GJこそ大敗したものの、その前の重賞戦線での成績を評価したい。
あとはシゲルキョクチョウ、モズハリケーンあたりの、オープンを勝ってきた馬か。
障害キャリアの浅いハードダダンダンの一発も警戒したいが、前走は3キロの減量騎手での勝利だったことが狙いにくいところ。

1枠1番ナリタシャトル高田60
2枠2番ハードダダンダン60
3枠3番ゴールデンガッツ北沢60
4枠4番タニノハービービー高野59
4枠5番テイエムハリアー熊沢60
5枠6番メイショウヨウドウ西谷60
5枠7番モズハリケーン小坂60
6枠8番ハイローラー平沢60
6枠9番ルールプロスパー白浜60
7枠10番アドバンスヘイロー田村60
7枠11番シャローム植野60
8枠12番シゲルキョクチョウ草野60
8枠13番トウシンボルト難波60

ワイド6点 5-9 1-5 5-7 5-12 1-9 7-9
自信度★★★☆☆


キズナを本命にしたい。
対抗はロゴタイプ。スローの瞬発力勝負が怖いと書いたが、今年のメンバーは逃げ馬、先行馬もいて、それをこの馬が好位追走するような形それほどスローにならないように思える。
逆にペースが早くなれば、エピファネイア、コディーノは少し分が悪そうに思える。
3着候補の穴はレッドレイヴンとメイケイペガスター。
レッドレイヴンは休み明けの青葉賞は度外視。馬体重が絞れてきたここで逆転があるかどうか。
メイケイペガスターは前走大外を回ってメンバー最速の上がりで突っ込んできた。後方で落ち着いて折り合えれば新馬戦で見せつけた強烈な末脚が見られるかもしれない。
他の皐月賞組は、やはり上位3頭との差を埋められるほどには見えないし、青葉賞組、プリンシパルS組はメンバーのレベルが少し低いか。
NHKマイルC組は、特に勝ったマイネルホウオウに言えることだが、距離が長いだろう。

1枠1番キズナ武豊57
1枠2番コディーノウィリアムズ57
2枠3番アポロソニック勝浦57
2枠4番クラウンレガーロ三浦57
3枠5番メイケイペガスター藤田57
3枠6番ラブリーデイ川田57
4枠7番ヒラボクディープ蛯名57
4枠8番ロゴタイプC.デムーロ57
5枠9番エピファネイア福永57
5枠10番タマモベストプレイ和田57
6枠11番テイエムイナズマ57
6枠12番サムソンズプライド田辺57
7枠13番マイネルホウオウ柴田大57
7枠14番アクションスター戸崎57
7枠15番フラムドグロワール北村宏57
8枠16番ペプチドアマゾン藤岡康57
8枠17番レッドレイヴン内田57
8枠18番ミヤジタイガ松山57
posted by ナイト at 13:15| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください