2013年05月27日

ダービー&目黒記念&京都HJ結果

アポロソニックが宣言どおりの逃げで、ある程度早いペースでレースは進むものの、東京競馬場はなかなか先行馬は止まらない馬場になっていた。
途中でメイケイペガスターに先頭を奪われるものの、直線に向いて再度アポロソニックが先頭に立つと、好位にいたロゴタイプやペプチドアマゾンがなかなか逃げるアポロソニックを捕らえ切れない。
人気のキズナは後方で外に持ち出すものの、依然前との差は大きいまま。
しぶとく粘るアポロソニック。これを外から交わして行ったのは、鞍上福永のエピファネイア。中団から外に持ち出すと、直線で末脚を伸ばし、残り100mで先頭に立つ。
ついに福永がダービーを制する。そう思ったところだった。そのエピファネイアのさらに外から、1頭強烈な末脚で追い込んでくる。直線に入ったところでは、後方でもがいていたキズナだった。馬群の狭いところを割って抜け出すと、そこから父ディープインパクト譲りの末脚を発揮。前哨戦で見せたケタ違いの瞬発力はダービーの大舞台でも炸裂。計ったかのような末脚で迫ると、エピファネイアをゴール前で捕らえ、ゴールに飛び込んだ。
8年前、圧倒的な強さでディープインパクトがダービーを勝利した。その年のローズSと秋華賞で、ともに福永騎乗のラインクラフトをゴール前で交わして行ったのは武豊騎乗のエアメサイアだった。8年経っても変わらない抜群の勝負強さ。福永はまたしても武豊には届かなかった。
武豊8年ぶりのダービー制覇。この大舞台で見せたレースは、やはり競馬界のヒーローは武豊であるというものを改めて印象付ける結果となった。ここ最近では考えられなかった14万人近いファンを競馬場に呼び込むことができたのも、間違いなくこの武豊とキズナのコンビの力だろう。昨年のマイルCSを制したときの西園調教師、そして今回の佐々木調教師ともに口にした「競馬界の宝」という言葉が当てはまるのは、やはりこの武豊以外にはいない。

1枠1番キズナ武豊57
2:24.3
5枠9番エピファネイア福永57
2:24.4
2枠3番アポロソニック勝浦57
2:24.6
8枠16番ペプチドアマゾン藤岡康57
2:24.6
4枠8番ロゴタイプC.デムーロ57
2:24.6
6枠11番テイエムイナズマ57
2:24.7
3枠6番ラブリーデイ川田57
2:24.7
5枠10番タマモベストプレイ和田57
2:24.7
1枠2番コディーノウィリアムズ57
2:24.8
7枠15番フラムドグロワール北村宏57
2:24.8
3枠5番メイケイペガスター藤田57
2:24.9
8枠17番レッドレイヴン内田57
2:24.9
4枠7番ヒラボクディープ蛯名57
2:25.0
7枠14番アクションスター戸崎57
2:25.1
7枠13番マイネルホウオウ柴田大57
2:25.2
2枠4番クラウンレガーロ三浦57
2:25.8
6枠12番サムソンズプライド田辺57
2:25.8
8枠18番ミヤジタイガ松山57
2:26.3

結果:-500円


コスモラピュタの逃げをコスモオオゾラやスマートロビンあたりが追走していき、ペースが緩むことなくレースが進む。
この展開ではさすがに先行馬は粘れず、直線に向くと失速。中団にいたルルーシュ、ムスカテールが一気に先頭に並びかけて行き、さらには外からカフナもこの2頭に迫る。
3頭に絞られたこの勝負で、抜け出したのはムスカテール。得意の東京で本領発揮。先に抜け出していたルルーシュを捕らえるとそのまま差を広げて快勝。レコード勝ちで重賞初勝利となった。
2着はルルーシュ。
カフナは先頭に迫る勢いで一瞬は伸びたものの、一瞬の切れ味が勝るタイプなのか、その末脚が持続せず、ルルーシュを捕らえ切れなかった。
人気のアドマイヤラクティは予想していた通り不安が的中。時計の早い決着はいまひとつなのだろう。直線途中で上位馬が抜け出して行ったところで置いて行かれてしまった。

2枠4番ムスカテール内田56
2:29.6
8枠16番ルルーシュウィリアムズ57
2:29.8
6枠11番カフナ戸崎56.5
2:29.9
5枠9番ヒットザターゲット大野57.5
2:30.0
2枠3番タッチミーノット横山典57.5
2:30.0
1枠2番コスモロビン柴田大56
2:30.1
1枠1番ユニバーサルバンク川田56
2:30.2
6枠12番クリールカイザー吉田豊54
2:30.4
7枠14番ロゴタイプC.デムーロ57
2:30.5
4枠8番アドマイヤラクティ岩田57.5
2:30.8
3枠5番カポーティスター福永56
2:30.8
4枠7番ノーステア蛯名55
2:30.9
7枠15番コスモラピュタ丹内54
2:31.1
8枠17番スマートロビン武豊58
2:31.5
5枠10番ピエナファンタスト木幡52
2:31.6
7枠13番ネコパンチ江田照55
2:31.8
3枠6番コスモオオゾラ松岡56
2:31.9
8枠18番カワキタコマンド武士沢55
2:33.5

結果:ワイド1090円的中 +490円


飛越が低く、落馬の多いテイエムハリアー。しかし落馬さえなければこのメンバー相手で負けるはずがなかった。
他馬を寄せ付けない逃げ切りで楽勝。重賞3勝目を決めた。
シゲルキョクチョウ、ルールプロスパーといったその他の人気どころは早めに仕掛けていくも、テイエムハリアーについて行けず最後は力尽きてしまった。その結果、2、3着には穴馬ハイローラー、ハードダダンダンが入った。

4枠5番テイエムハリアー熊沢60
4:23.5
6枠8番ハイローラー平沢60
4:24.0
2枠2番ハードダダンダン60
4:24.2
5枠6番メイショウヨウドウ西谷60
4:24.5
6枠9番ルールプロスパー白浜60
4:25.3
8枠13番トウシンボルト難波60
4:25.6
3枠3番ゴールデンガッツ北沢60
4:25.8
1枠1番ナリタシャトル高田60
4:25.8
8枠12番シゲルキョクチョウ草野60
4:25.9
5枠7番モズハリケーン小坂60
4:28.6
7枠10番アドバンスヘイロー田村60
4:33.6
7枠11番シャローム植野60
中止
4枠4番タニノハービービー高野59
中止

結果:-600円
posted by ナイト at 19:42| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください