2013年05月28日

さきたま杯予想&安田記念予想1

おそらくこのメンバーならセイクリムズンで問題無いだろう。
相手も、ティアップワイルド、テスタマッタ、ダイショウジェット。
前走かきつばた記念で3着に来た地方馬サイモンロードは少し怖いが、前走は小回り名古屋でしかもスローペースと、展開とコースに恵まれた印象は強い。

1枠1番テスタマッタ戸崎58
2枠2番サイモンロード丸野56
3枠3番マニエリスム御神本54
4枠4番ハルサンサン石崎駿54
5枠5番スーニ町田58
5枠6番タマモスクワート見澤56
6枠7番コアレスピューマ和田譲56
6枠8番コスモワッチミー赤岡56
7枠9番ナイキマドリード川島正57
7枠10番セイクリムズン岩田57
8枠11番ティアップワイルド石橋56
8枠12番ダイショウジェット柴山56

馬連4点 1-10 10-11 10-12 1-11
自信度★★★★☆


マイラー、短距離馬、中距離馬。そして牝馬に牡馬。さらには3歳馬。あらゆる路線の強豪が全て揃った今年の安田記念。これほどの豪華メンバーでの対決を制するのはどの馬か。
まず、展開はシルポートが逃げて、エーシントップとカレンブラックヒルが追いかける展開にはなるだろうが、マイラーズCほどの超ハイペースにはならないと考えていいだろう。そうなれば、マイラーズCで先行して粘り切れなかったカレンブラックヒルの巻き返しは十分に考えられる。
逆に、グランプリボスは今回差し切れるのかどうかという不安が残るし、同じように別路線からショウナンマイティも追い込みは届くのか怪しい。
京王杯組からはダイワマッジョーレ、サダムパテックあたりが注目か。ダイワマッジョーレはダービー卿CTや東京新聞杯で勝ち切れなかったあたりの実力に不安を感じるし、サダムパテックはマイルCSを制したといっても、あれは内をうまく回り、外で馬が飛ばされたりしていた影響を受けずに走れたように、少し恵まれた勝利だった点は否めない。
それならカレンブラックヒルの他には、ダークシャドウ、ヴィルシーナ、ロードカナロア。
ただ、ヴィルシーナは牡馬との力関係、それに鞍上内田がこの馬ではなくグランプリボスに乗るということに少し不安を感じる。
ダークシャドウはどう考えてもツルマルボーイとかぶってしまう。同じダンスインザダーク産駒。さらに天皇賞秋、JC、有馬記念、大阪杯というローテーションも全く同じ。ダークシャドウの場合、得意の東京に戻るのは脅威だし、しかも毎日王冠で強烈な印象を残して勝利しているように、1800mで強い競馬をしているのでマイルも結果を残せる可能性はある。ただ、現状少し気になるのは、当日が雨予報ということ。そこが少し狙いにくいところ。
そして一番頭を悩ませるロードカナロア。果たして世界のスプリント王者はマイルで通用するのかどうか。ただ、過去には香港のサイレントウィットネスが安田記念で3着に敗れたように、やはりスプリント王者であっても、マイル、しかもタフな東京コースというのはなかなか厳しいのではないだろうか。

◎カレンブラックヒル
posted by ナイト at 13:46| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください