2013年06月15日

ユニコーンS&函館スプリントS予想

ダート3戦3勝のチャーリーブレイヴと、前走初ダートでオープンを圧勝したサウンドリアーナが人気を集めるだろう。
本命はチャーリーブレイヴ。同じ東京マイルで実績がある点は心強い。3歳にして1分36秒6という勝ちタイムも評価できる。
それに対してサウンドリアーナは、新馬戦の走りっぷりからパワーのあるダートが合いそうな走りをしていたように、前走は初ダートで楽勝。ただ今回はマイルへの距離延長に不安がある。
対抗はエーシンレンジャー。ここ2走は、ダート戦ながら前半3ハロンが34秒台と非常に早いペースながらも先行してしぶとく最後まで粘っている。前走負けたサウンドリアーナ、3着のクロムレックはともに差してきていたのに対し、この馬は前で残っての2着という点を評価したい。展開さえ向けばサウンドリアーナを逆転できる可能性はある。
面白いローテーションなのはタッチザターゲット。前走は古馬と戦って大敗。ただ、今まで1800mを勝ち上がってきて、前走で2100mを使っているように、陣営としてはマイルよりも距離の長いところを使いたいという思惑があるのではないだろうか。ここは少し狙いにくい。
そのタッチザターゲットに負けているベリートゥベリーやコンプリートゲームは狙いにくい。
そうなると次に怖いのはサウンドトゥルー。4戦連続連対中と安定感は抜群。それも、3戦連続2着に敗れたときは全て相手が悪かった。強豪不在の前走は楽に勝ち上がって見せたように、500万なら楽に勝てるだけの力は持っている。あとは重賞での力関係だけ。
そのサウンドトゥルーに負けたミヤジマッキーは狙いにくいか。
ケイアイレオーネやサマリーズは2歳の重賞を勝っているものの、3歳になって中央の新興勢力との差があると見て捨てる。
兵庫CS2着のベストウォーリア。前走は勝ったコパノリッキーが圧倒的に強かったとしても、2着のこの馬はさすがに離されすぎた感じはある。それに、2走前の500万の勝ち時計がそれほど早くないのが不満。
穴はノウレッジ。新馬戦の新潟1200mで見せた強烈な末脚が忘れられない。今までの成績を見ると、左回りのほうがいいのではないだろうか。久々に左回りの今回は、少し期待したい1頭。

1枠1番エーシンレンジャー石橋56
2枠2番ショウナンダイラ柴田大56
2枠3番サマリーズ内田54
3枠4番サウンドトゥルー大野56
3枠5番タッチザターゲット田中勝56
4枠6番ベストウォーリア戸崎56
4枠7番チャーリーブレイヴウィリアムズ56
5枠8番ヴァンフレーシュ吉田豊54
5枠9番クロムレック福永56
6枠10番ノウレッジ蛯名56
6枠11番コンプリートゲーム的場56
7枠12番サウンドリアーナ武豊54
7枠13番ミヤジマッキー柴田善56
8枠14番ケイアイレオーネ56
8枠15番ベリートゥベリー横山典56

ワイド6点 1-7 7-10 7-12 4-7 1-10 1-12
自信度★★☆☆☆


確実にドリームバレンチノが格上のレース。ここは相手探し。
相手筆頭はテイエムオオタカ。開幕週の函館となれば前残りが基本だろう。
パドトロワも先行争いに加わってくるかもしれないが、58キロを背負うのが狙いにくい。
それなら去年の函館で2連勝したフォーエバーマーク。こちらも先行馬で警戒しておきたい。
同様に、去年北海道で2勝を挙げたシュプリームギフトも怖い1頭。
実績で言えば重賞勝ちのあるエーシンホワイティやスギノエンデバーが怖いものの、追い込み馬はこの函館では狙いにくい。
それなら最近不調ではあるがアドマイヤセプター。札幌は4戦3勝としており、洋芝巧者の可能性は高い。京阪杯2着などの実績はあるが、あのレースは前半3ハロンが34秒台と、スプリント戦にしては遅すぎたおかげで好走できただけで、本質的にスプリンターではないと見ている。そのおかげでペースの早い高松宮記念やオーシャンSは大敗したが、今回の函館のように時計のかかる芝ならこの馬にも出番があると見ている。ただ、大外枠では強くは狙えない。

1枠1番フォーエバーマーク三浦54
1枠2番テイエムオオタカ松岡56
2枠3番サクラアドニス丸山56
2枠4番マイネルエテルネル丹内52
3枠5番シュプリームギフト秋山54
3枠6番ビウイッチアス宮崎54
4枠7番アウトクラトール伊藤56
4枠8番スギノエンデバー北村友56
5枠9番ストークアンドレイ川島50
5枠10番アフォード村田56
6枠11番スプラッシュエンド四位56
6枠12番ドリームバレンチノ松山59
7枠13番ハノハノ酒井56
7枠14番パドトロワ勝浦58
8枠15番エーシンホワイティ川須56
8枠16番アドマイヤセプター岩田54×

馬連3点 2-12 5-12 1-12
ワイド3点 12-16 2-5 1-2

自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 00:07| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください