2013年11月06日

エリザベス女王杯予想1

昨年に続いて雨予報のエリザベス女王杯。
3歳では、雨が降ればもちろんデニムアンドルビー、晴れればメイショウマンボ。
古馬では、雨が降れば今年もレインボーダリア、晴れればヴィルシーナといったところだろう。
ただ、今のところそれほど強い雨にはならなさそうと見ている。
本命はメイショウマンボ。秋華賞が万全の状態で、今回は少し調子は落ちているかもしれないが、それでも力が上位であることは確か。息の長い末脚で、外回りのコースも問題ないし、オークス馬なので距離延長ももちろん問題なし。古馬相手と言っても、今年の古馬はそれほど強い馬はいないし、例年54キロの斤量に恵まれる3歳馬が強いレース。ここでも十分上位争いは可能だろう。
ヴィルシーナは2200mで勝てるのかどうか。確かに強いとは思うが、ヴィクトリアマイルを先行して押し切ったように、マイラーとしてのスピードのほうが能力はあるのではないだろうか。
2戦連続、33秒1というすごい上がりを使っている、ディアデラノビアの仔ディアデラマドレは注目だが、1600万上がりの馬で古馬混合G1はなかなか通用しない。

◎メイショウマンボ
posted by ナイト at 22:50| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください