2013年11月22日

京阪杯予想&JC予想2

スプリンターズS3着と本格化したマヤノリュウジンに、復帰戦を勝利で飾ったエピセアローム。この2頭が実力上位か。
マヤノリュウジンは前走叩き2走目できっちり馬体を絞って3着に来た。ただ、今回は中山と違って軽い芝の京都。もともと地方のダートで走っていたような馬なだけに、軽い芝の経験が少なく、まだ実力を測りきれていない。2番手評価まで。
エピセアロームは熱発の影響がどれほどあるのか。昨年のセントウルSの覇者なだけに、実力はトップレベルだとは思うが押さえまで。
それでは京洛Sを制したハノハノか。ただ、前走の超高速馬場での成績を安易に信頼してもいいのだろうか。こちらは押さえまで。
本命は、良馬場なら昨年2着のアドマイヤセプター。夏に重賞で4着を2回。スプリンターズSも5着と、実力はここなら上位。
他には、それほど速い逃げ馬がいないことを考えると、ペースも落ち着きそうでスギノエンデバーの強烈な差しも届きにくそうか。鞍馬Sは2着といえども外差し馬場になっていたころの京都だったので今回とは別として考えたほうがいいだろう。
オパールS2着のサイレントソニックや京洛S2着のプレイズエターナル、京洛S3着のブルーデジャブも後ろからの馬で、なかなか前には届かないのではないだろうか。もう少し前から競馬をしそうな馬を狙いたい。
同じ差しのサドンストームはもう少し時計のかかる馬場でないと厳しいだろう。
同じく、アイビスSD3着のリトルゲルダも早い時計の実績がなく狙いにくい。
気になるのはアースソニック。2走前は出遅れながら32秒9の上がりで3着に来た。本来は好位からレースを進める馬なので、前から競馬をすればどの程度やれるのか気になるところ。ただ、この馬も雨の実績があるように、軽い芝への適性には少し疑問があるが。

1枠1番アイラブリリ54
1枠2番サイレントソニック武幸54
2枠3番アースソニックM.デムーロ56
2枠4番リトルゲルダ川田54
3枠5番スギノエンデバー福永56
3枠6番マヤノリュウジン池添56
4枠7番リュンヌ岡田54
4枠8番ゲシュタルト四位56
5枠9番エピセアローム浜中54
5枠10番ハノハノ酒井56
6枠11番ブルーデジャブ国分優56
6枠12番オセアニアボス小牧56
7枠13番アドマイヤセプター岩田54
7枠14番サドンストーム武豊56
8枠15番プレイズエターナルルメール55
8枠16番ラトルスネークビュイック56
8枠17番メイショウデイム松山54

ワイド5点 6-13 3-13 10-13 9-13 3-6
自信度★☆☆☆☆


ジェンティルドンナが本命。
対抗はエイシンフラッシュ。一瞬の切れる脚しか使えない馬だったが、最近は割りと長く脚を使えるようになっているように思える。その証拠が、最近の安定した結果につながっているのだろう。
アンコイルドも最近の充実度を考えると捨てきれない。
逃げ馬不在ということを考えると、一応前残りでルルーシュは警戒したい。ただ、この馬はそれほど切れる脚が使えない分、直線の瞬発力勝負になった時に厳しいかもしれない。
同じことはゴールドシップやアドマイヤラクティ、デニムアンドルビーにも言えるのだが、さすがにゴールドシップほどの馬なら捨てきれない。
あとは外国馬だが、これといって目立った馬もいない。今年の成績を見て判断すると、ジョシュアツリーはドゥーナデンに連敗しており、狙うならドゥーナデンか。そのドゥーナデンは前走のメルボルンCでシメノンに敗れているが、ハンデ差が5キロもあればしょうがない。スタミナが持ち味と言っているシメノンは、メルボルンCの3200mから今回の2400mに変わるのはあまり好材料とはいえないだろう。もっと長距離のスタミナ勝負が得意そう。ただ、スタミナが持ち味の割には速い芝は合うと言っているのは不気味だが。
まさかとは思うが、忘れた頃のジェンティルドンナ、ヴィルシーナのワンツー決着なんてオチは勘弁してもらいたい。

1枠1番ヴィルシーナ岩田55
1枠2番ナカヤマナイト柴田善57
2枠3番アンコイルド後藤57×
2枠4番エイシンフラッシュM.デムーロ57
3枠5番トーセンジョーダンビュイック57
3枠6番アドマイヤラクティウィリアムズ57
4枠7番ジェンティルドンナムーア55
4枠8番ファイヤー横山典57
5枠9番デニムアンドルビー浜中53
5枠10番ドゥーナデンスペンサー57
6枠11番ルルーシュ福永57×
6枠12番ホッコーブレーヴ三浦57
7枠13番ゴールドシップ内田57
7枠14番シメノンヒューズ57
8枠15番スマートギア戸崎57
8枠16番ヒットザターゲット武豊57
8枠17番ジョシュアツリームルタ57
posted by ナイト at 11:46| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください