2013年12月06日

朝日CC予想&阪神JF予想2

長期休養明け3連勝。下級条件では格の違いを見せつけてきたアルキメデスが本命。ここも通過点にしてほしい。
対抗にラウンドワールド。こちらも休養明けだった前走をきっちり勝ったように、春先の不調から回復したと見ていいだろう。ドリームパスポートの弟という評判馬がそろそろその力を見せるころか。
1800mならタマモベストプレイも警戒したい。ただ、阪神1800mではもう少し切れる脚がほしい。コースが合うかどうかは怪しい。押さえまで。
それなら、このコースで重賞勝ちの実績あるヒストリカル。この馬の末脚は警戒したい。ただ、逃げ馬不在で極端な追い込みが決まるかどうかは怪しい。こちらも押さえまで。
末脚ということなら怖いのはハナズゴール。2200mからの距離短縮は確実に合うだろう。突き抜けて勝ってしまってもおかしくないだけの力は持っている。3番手評価はこの馬。
他にも、コアレスドラード、カワキタフウジン、ダノンプログラマーあたりのいい末脚を持つ馬もいるが、重賞ではワンパンチ足りない印象。
トップハンデのマイネルラクリマはさすがに今回は厳しいのではないだろうか。小倉記念や福島記念のように、小回りコースで先行押し切りというのがこの馬の得意の形だと思うが、阪神外回りではそうは行かず、直線での切れる脚が必要になる。得意とは思えないコースでしかも58キロを背負うのならここは捨てる。
穴にはゴットフリート。京成杯AHで3着に来たように、古馬相手でも十分通用する実力はある。前走は先行したもののハイペースに巻き込まれての敗戦で、力負けではない。

1枠1番マイネルラクリマ柴田大58
1枠2番ダノンプログラマー四位54
2枠3番タマモベストプレイ和田55
2枠4番カルドブレッサ藤岡佑54
3枠5番ラウンドワールド岩田55
3枠6番キングストリート小牧54
4枠7番マックスドリーム藤岡康54
4枠8番アルキメデスバルザローナ55
5枠9番ゴットフリート田辺54
5枠10番ミキノバンジョー太宰56
6枠11番テイエムイナズマ54
6枠12番コアレスドラード池添54
7枠13番ヒストリカル浜中56
7枠14番ゲシュタルト藤田56
7枠15番フェデラリスト村田58
8枠16番スマートギア福永57
8枠17番カワキタフウジンルメール54
8枠18番ハナズゴールM.デムーロ55

ワイド6点 5-8 8-9 8-13 8-18 3-8 5-9
自信度★★★☆☆


本命はハープスターで、対抗には同じように強烈な末脚を持つレッドリヴェール。
3番手に、こちらも直線の切れ味なら通用しそうなマジックタイム。
それから、アルテミスSを勝ったマーブルカテドラルと、小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを勝ったホウライアキコ。
函館2歳Sを勝ったクリスマスは狙いにくい。アルテミスSで見せ場なく惨敗。距離なのか馬場なのかわからないが、阪神のマイルは東京マイルに似て、直線が長く坂があるコース。函館1200mで走りながら東京マイルで走らなかったのなら適性に問題があると見る。
ファンタジーS組は勝ち馬不在で、2着のモズハツコイもデイリー杯や新潟2歳Sで完敗だったので狙いにくい。
それなら、サフラン賞を勝ったフォーエバーモア。サフラン賞2着馬がアルテミスSで3着なのだから、マーブルカテドラルが評価されるならこの馬も評価されていい。ただ、新馬戦のタイム、上がりが新潟にしては平凡で、またネオユニヴァース産駒ということになると直線の切れる脚という点で他の馬に少し劣りそうなイメージ。そこが不安。
レーヴデトワールは、ここ最近のレース内容からは姉のレーヴディソールほどの末脚があるようには思えないし、中1週、そしてこの強力なメンバー相手となると今回は様子見。
穴で狙うならトーセンシルエットだとは思うのだが、まだ力関係がわからないからという理由だけで、他に特に強調したい材料があるわけではないので今回は捨てる。

1枠1番レーヴデトワール福永54
1枠2番トーセンシルエット江田照54
2枠3番マイネグラティア54
2枠4番メイショウアサツユ池添54
3枠5番ニホンピロアンバー酒井54
3枠6番フォーエバーモア蛯名54
4枠7番マジックタイム後藤54
4枠8番レッドリヴェール戸崎54
5枠9番エクスペリエンス四位54
5枠10番ハープスター川田54
6枠11番ヤマニンアリエッタ高倉54
6枠12番クリスマスM.デムーロ54
7枠13番マーブルカテドラル田辺54
7枠14番スイートガーデン太宰54
7枠15番グランシェリー浜中54
8枠16番モズハツコイバルザローナ54
8枠17番ダイヤモンドハイ武幸54
8枠18番ホウライアキコ和田54
posted by ナイト at 14:39| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください