2013年12月11日

朝日杯FS予想1

朝日杯のレベルが低いのは毎年のことだが、ここまでひどい年はなかなかないだろう。
重賞勝ち馬が牝馬のベルカントのみ。そして1番人気が予想されるのは地方のプレイアンドリアル。JRAは将来的にホープフルSをG1にしたいようだが、そのついでに朝日杯をG2に下げたほうがいいのではないか。
本命にするとすれば、デイリー杯2着のアトム、東スポ杯2着のプレイアンドリアル、ファンタジーS1着のベルカント、ベゴニア賞1着のショウナンワダチ。このあたりだろうか。
抽選組でミッキーアイルなど怖い馬がいるが、予想1では出走確定組から本命を選ぶ。
本命はアトム。デイリー杯2歳Sではホウライアキコに負けたが、評価したいのはこの馬のほう。高速馬場、開幕週、平坦京都で前残りは基本。それでもこの馬はきっちり2着に差してきた。中山マイルなら最後の坂である程度は差しが決まりやすくなる。枠順次第ではあるが、この馬が本命。デイリー杯2歳Sでは3着ピークトラムに3馬身差というのも評価できるところ。
プレイアンドリアルが本命候補として迷ったところだが、正直なところ、この馬には勝ってほしくない。地方所属馬が芝の中央G1をと盛り上がっているが、実際のところ馬主岡田氏の権力で好き勝手やっているだけで、もはや中央も地方も関係ないようにしか見えない。地方所属という名目こそあれど、実際には地方の厩舎の下で鍛えられたというよりは、馬主のよく知る外の調教施設に預けられ、そこで中央馬と同様に鍛えられただけだろう。おそらく今回の北海道から川崎への転厩も、クラシック戦線を戦う上での輸送の負担軽減のためではないだろうか。

◎アトム
posted by ナイト at 20:36| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください