2013年12月23日

有馬記念&阪神C&中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S結果

オルフェーヴルのラストラン。それは日本最強馬にふさわしく、日本の歴代最強馬と言っても過言ではないと思えるような、衝撃的な走りだった。
ゴールドシップの後ろで脚を溜めると、ゴールドシップが動き出すところでオルフェーヴルがその外から一気に進出。4コーナーのその一気の加速を見たあたりで、誰もがオルフェーヴルの勝利を確信したのではないだろうか。直線入り口で早くも先頭に立ってからはオルフェーヴルの独壇場。後ろからは誰も付いてこれない。最後についた着差は8馬身。最後の最後までオルフェーヴルは圧倒的な力の差を見せつけた。クラシック3冠に加えて古馬G1を3勝。合計6つのG1タイトルを制したその末脚は、最後の最後まで色あせることはなかった。
2着にはそのオルフェーヴルのライバルとも言えるウインバリアシオンが入った。長期休養から復帰2戦目、この年末の大舞台で、またしてもオルフェーヴルの2着。オルフェーヴルへの最高の餞別になったのではないだろうか。
3着にゴールドシップ。オルフェーヴルが仕掛けたところで一気に置いて行かれてしまった。オルフェーヴルとの力の差を痛感する一戦となったが、それでも3着に来たように来年に期待できる内容ではあった。
他の有力どころでは、ルルーシュがハイペースで逃げたため先行馬は壊滅。唯一粘ったのはカレンミロティックの6着くらい。
その影響で、4着には後方待機のラブイズブーシェ、5着にもタマモベストプレイと、差し馬が続いた。
ヴェルデグリーンは後方から進んだものの10着と物足りない内容だった。もしかすると2500mは長いのかもしれない。

3枠6番オルフェーヴル池添57
2:32.3
2枠4番ウインバリアシオン岩田57
2:33.6
7枠14番ゴールドシップムーア57
2:33.8
6枠11番ラブイズブーシェ武豊57
2:34.2
4枠7番タマモベストプレイ和田55
2:34.3
2枠3番カレンミロティック戸崎57
2:34.3
3枠5番デスペラード横山典57
2:34.3
7枠13番トゥザグローリールメール57
2:34.7
6枠12番テイエムイナズマM.デムーロ55
2:34.9
1枠2番ヴェルデグリーン田辺57
2:34.9
5枠10番アドマイヤラクティウィリアムズ57
2:35.3
4枠8番ラブリーデイ蛯名55
2:35.5
8枠15番ナカヤマナイト柴田善57
2:35.7
8枠16番トーセンジョーダン内田57
2:35.8
1枠1番ダノンバラード川田57
2:37.0
5枠9番ルルーシュ福永57
2:42.8

結果:ワイド350円的中 -150円


おとなしく有馬記念で1年を締めくくればいいものを、最後の最後によくもまあこんなひどい重賞を見せてくれたものだと、腹立たしい。
浜中がムーアのスタートダッシュにビビって抑えたせいで、逃げたリアルインパクトと2番手のガルボがそのまま行った行ったで終わってしまった。リアルインパクトは安田記念以来の久々の勝利。
3番手集団からは、さすがにタマモナイスプレイでは勝負にならず、クラレントがそのまま抜け出してきた。
そんなスローペースで馬群が固まったおかげで、ラトルスネーク、サンカルロ、サダムパテックと有力差し馬3頭がすべて直線どん詰まりで勝負にならず。そんな状態で3頭とも最後まで差のないところまで差してきているのはさすがというべきか。
ダイワマッジョーレは距離が短いことと、マイルCS以降に外傷を負った影響でもあったのではないだろうか。好位にいたものの伸びなかった。

5枠10番リアルインパクトムーア57
1:21.4
7枠14番ガルボ岩田57
1:21.4
4枠7番クラレント川田57
1:21.5
3枠6番サンカルロ吉田豊57
1:21.8
1枠1番ラトルスネークバルザローナ57×
1:21.8
5枠9番エピセアローム武豊55
1:21.9
2枠3番ダイワマッジョーレ蛯名57
1:21.9
4枠8番サダムパテック和田57
1:21.9
7枠15番スギノエンデバー57
1:21.9
8枠16番コパノリチャード浜中56
1:22.0
1枠2番ニンジャルメール57
1:22.1
8枠18番マジンプロスパー福永57
1:22.2
8枠17番プリンセスメモリー後藤55
1:22.2
3枠5番テイエムオオタカ大野57
1:22.4
6枠11番ラインブラッド松田57
1:22.5
6枠12番ザッハトルテ松山55
1:22.5
2枠4番タマモナイスプレイ藤岡康57
1:22.9
7枠13番キングストリート小牧57
1:26.2

結果:-500円


アポロマーべリックが逃げてそのまま8馬身差の圧勝。予想外の大差の決着となった。
2着争いは、エアペイシェンスが先に抜け出し、バアゼルリバーがそれを追うところに、さらに後ろからハッピーティアとメイショウブシドウが差してきて、結局ハッピーティアが2着に。牝馬でこの過酷なコースは厳しいのではないかと思っていたが、よく後方から追い込んで来た。
メイショウブシドウが3着。
バアゼルリバーは4着。昨年は中山GJ、中山大障害ともに2着だったにも関わらず、今年は6着、4着と物足りない成績が続いている。ズブい面があるのは分かっているが、今回は鞍上の乗り方にも少し敗因があったのではないかと思いたくなるような結果だった。
スプリングゲントは最初は先行争いに加わっており、期待してみていたものの終わってみれば11着で、とうとう引退。メルシーエイタイムは残念ながら落馬、競走中止となった。

1枠2番アポロマーベリック五十嵐63
4:45.8
3枠6番ハッピーティア平沢61
4:47.1
3枠5番メイショウブシドウ熊沢63
4:47.3
2枠3番バアゼルリバー小坂63
4:47.3
5枠9番エアペイシェンス高田63
4:47.4
4枠7番セイエイ高野63
4:47.8
7枠13番サンレイデューク難波63
4:48.6
2枠4番テルバイク山本63
4:48.7
5枠10番メイショウヨウドウ西谷63
4:49.0
8枠15番スズカマジェスタ北沢63
4:49.7
6枠12番スプリングゲント白浜63
4:49.9
4枠8番テイエムブユウデン63
4:50.2
7枠14番トーセンタイガー石神63
4:51.0
1枠1番コスモソユーズ江田勇63
4:52.1
8枠16番ゴールデンガッツ中村63
4:52.6
6枠11番メルシーエイタイム横山義63
中止

結果:-600円


スローの直線の瞬発力勝負を制したのはワンアンドオンリー。前走東スポ杯で6着だったことから格下かと思っていたが、ここはきっちり外から差し切った。少し時計のかかる馬場、距離延長が向いたことはあるだろうが、それに加えてそれだけ今年の東スポ杯はレベルがそれだけ高かったということか。
結局、東スポ杯5着のサトノアラジンが、直線入り口で前が詰まり続けながら3着に来ているのだから、やはり東スポ杯組上位馬は今後も注意すべきだろう。
2着にはアズマシャトル。外から早めに先頭に立って抜け出したものの、勝ち馬にはあっさり交わされてしまった。
ディープインパクトの弟で注目のモンドシャルナは6着。ネオユニヴァース産駒なので切れ味勝負になると厳しいのかもしれない。

1枠1番ワンアンドオンリールメール55
2:04.3
6枠12番アズマシャトル松山55
2:04.5
2枠3番サトノアラジン戸崎55
2:04.6
3枠6番ミヤビジャスパー池添55
2:04.6
4枠7番タガノグランパ北村友55
2:04.6

結果:-700円
posted by ナイト at 17:06| Comment(0) | 2013年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください