2014年01月25日

AJCC&東海S予想

本命はヴェルデグリーン。オールカマーを勝っているようにこのコースは問題ないだろう。前走は明らかに早仕掛け。直線入り口で5番手程度まで上がってきておきながら、最後は失速。距離が短くなる今回は巻き返し可能だろう。
対抗にダノンバラード。荒れ馬場は得意なのは間違いない。2200mもベストの距離だろう。ここ2走はハイペースの逃げに付いて行っての自滅。力負けではない。それに、ネヴァブション、エアシェイディと言えば分かるだろうか。このレースは阪神Cと同じくリピーター要注意。
実績馬はこの2頭が怖い。
他の実績馬は、サダムパテックは久々の2200mに不安があるし、トゥザグローリーは中山の荒れた馬場は合わないだろう。ルメールで人気を吸って飛ぶことを期待。
明けて4歳のダービーフィズやフェイムゲーム、レッドレイヴンは力不足だろう。実力的には、京成杯勝ちのフェイムゲームが怖いが、今の中山で最内は狙いにくい。レッドレイヴンは確かに怖い存在だが、この距離に不安がある。それに、前売りで1番人気になるほどの馬とも思えない。それほど配当が安くなるのなら捨てる。
他に中山金杯4着のマックスドリームはアドマイヤマックス産駒でさらなる距離延長に不安があるし、小倉記念や七夕賞、中山金杯はハンデ戦だったがここは別定戦。斤量差がなくなるのも少し狙いにくいところ。
3番手に穴馬フラガラッハ。不安は距離と中山コースだが、荒れ馬場も問題なく、金鯱賞でも5着に追い込んできたように、距離も持つかもしれない。あとは小回り中山コースで追い込みが届くかどうかというところだが、今の外差し有利な中山に期待したい。今は中京巧者のイメージだが、昔は阪神1400mのスペシャリストのと思われていたほどだから右回りも問題ない。
あとは、ケイアイチョウサンは安定して最後は伸びてくるだけに、ここでも警戒しておく。
それから前走が完勝だったマイネオーチャード。重馬場のエリザベス女王杯で4着の実績馬。時計のかかる馬場は合うだろう。

1枠1番フェイムゲーム北村宏55
1枠2番サクラアルディートベリー56
2枠3番ケイアイチョウサン横山典55×
2枠4番コスモファントム松岡56
3枠5番フラガラッハ高倉56
3枠6番ヴァーゲンザイル三浦56
4枠7番ダノンバラード後藤57
4枠8番マイネオーチャード柴田大54×
5枠9番ダービーフィズ蛯名55
5枠10番ヴェルデグリーン田辺57
6枠11番サダムパテック戸崎57
6枠12番トゥザグローリールメール56
7枠13番サトノシュレンブノワ56
7枠14番レッドレイヴン柴田善55
8枠15番チョイワルグランパ内田56
8枠16番マックスドリーム古川56

ワイド200円 7-10
ワイド各100円 5-10 3-10 8-10 7-8
 
自信度★★☆☆☆


ニホンピロアワーズの軸は間違いないだろう。対抗馬探しのレース。
実績的に、グランドシチー、グレープブランデー、ケイアイレオーネ、ソリタリーキング、ナムラタイタンの5頭。そのほかは厳しいのではないか。
対抗にソリタリーキング。雨が降ればこの馬は強い。もしニホンピロアワーズが本調子でないのなら、重賞3勝目を挙げてもおかしくない。
グランドシチーはついに、ようやく鞍上津村から乗り替わった。これは狙いだろう。
ナムラタイタンは最近はズブさが増して、1800m以上で好勝負できる馬になっている。有力馬が差し馬なだけに、前が残る展開なら。ただ、それでも前走がオープン特別で3着など、衰えは隠せない。
グレープブランデーは本調子に戻っているのかわからないが、どちらにせよ58キロなら評価は下げる。
あとよくわからないのはケイアイレオーネ。大型馬で坂のあるコースでパワーのいる勝負は向くだろうが、実力が足りるのかどうか。

1枠1番スタッドジェルラン池添56
1枠2番グレープブランデー浜中58
2枠3番マイネルバイカ松山56
2枠4番ナムラタイタン太宰56×
3枠5番ゲシュタルト勝浦56
3枠6番オースミイチバン吉田隼57
4枠7番ケイアイレオーネ55×
4枠8番ダブルスター武豊56
5枠9番グラッツィア松田56
5枠10番サトノプリンシパル川須55
6枠11番アドバンスウェイ中舘56
6枠12番グランドシチーギュイヨン56
7枠13番サイレントメロディ横山和56
7枠14番ニホンピロアワーズ酒井57
8枠15番ソリタリーキング福永56
8枠16番ヴァンヌーヴォー四位56

三連複各100円 12-14-15 7-14-15 3-14-15 2-14-15 2-12-14 
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 18:54| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください