2014年07月02日

宝塚記念&東京JS&スパーキングレディーC結果

前日、直前の雨で完全にゴールドシップ向きの馬場になっていた宝塚記念。横山典弘との呼吸もばっちりで、出遅れながらも快勝。連覇達成となった。
そして、昨年同様に、雨で差しが全く決まらない馬場になってしまったのか、荒れ馬場が苦手なはずのカレンミロティック、ヴィルシーナがそのまま残るという不思議な展開に。
そのおかげで後ろから行って外を回った有力馬は全滅。後ろから伸びてきたのは、インにこだわって4コーナーも最内を回り続けたヒットザターゲットのみ。最後は4着まで伸びてきた。

8枠11番ゴールドシップ横山典58
2:13.9
5枠5番カレンミロティック池添58×
2:14.4
3枠3番ヴィルシーナ福永56
2:14.6
4枠4番ヒットザターゲット武豊58
2:14.6
2枠2番デニムアンドルビー浜中56
2:14.6
8枠12番フェイムゲーム北村宏58
2:14.7
6枠7番ウインバリアシオン岩田58
2:14.8
1枠1番ホッコーブレーヴ戸崎58
2:14.8
5枠6番ジェンティルドンナ川田56
2:15.1
6枠8番トーセンジョーダン内田58
2:15.3
7枠10番メイショウマンボ武幸56
2:15.4
7枠9番ヴェルデグリーン田辺58
2:16.1

結果:-600円


圧倒的人気のオースミムーンが7着という波乱の結果に。
勝ったのはメイショウヨウドウ。2着にネオレボリューション。
そして3着には、時々馬券圏内に絡んで波乱を起こすセイエイ。いつも中山ばかりで走っているこの馬はいつ走るのか本当にわからない。

1着:メイショウヨウドウ
2着:ネオレボルーション ×
3着:セイエイ

4着:チョイワルグランパ △
5着:アムールクエスト
結果:-400円


まさかのアクティビューティの失速で5着、さらになぜか1番人気に支持された3歳馬エスメラルディーナが7着という結果で波乱になったスパーキングレディーC。
勝ったのは、距離の不安も問題なし。見事に逃げ切り勝ちを決めたサウンドガガ。
そして2着には、好位からサウンドガガに食いついて行ったカチューシャ。
2頭が突き放した後続で、離れた3着争いを制したのはマイネエレーナ。好位から進んで内ラチ沿いをロスなく回ってそのまま粘りこんだ。
そこから少し離れてカイカヨソウが4着に追い込んだ。

1着:サウンドガガ △
2着:カチューシャ ▲
3着:マイネエレーナ

4着:カイカヨソウ
5着:アクティビューティ ◎
結果:-400円
posted by ナイト at 21:44| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください