2014年07月11日

CBC賞&ラジオNIKKEI賞&ジャパンダートダービー結果

逃げたベルカントが最後に失速。直線の長い中京では少し厳しかったか、5着に敗れる。
そのベルカントを好位から交わしていったのはエピセアロームだったが、その外からさらにいい脚で差し切ったのはトーホウアマポーラ。得意の1200mで重賞初勝利を決めた。
3着には外から追い込んだニンジャ。やはりこのコースは不思議と外枠の馬が来る。
人気のルナフォンターナは逆に内で伸びず8着。

1着:トーホウアマポーラ △
2着:エピセアローム ○
3着:ニンジャ

4着:スギノエンデバー
5着:ベルカント ◎
結果:-500円


逃げ馬が揃っており、早いペースでレースは進んだ。
さらに、小回り福島らしく、早めにレースも動き、3、4コーナーで動きが激しくなる。
早めに動いて先頭を捕らえたのはウインフェニックス。直線入り口で先頭を捕らえる。
しかし、仕掛けが早かったか、最内をロスなく回り、仕掛けを遅らせて脚を溜めたウインマーレライが猛追。さらには、後方にいたクラリティシチーも大外から脚を伸ばす。
勝ったのは最内を突いたウインマーレライ。鞍上松岡らしい、内にこだわった好騎乗だった。
2着にクラリティシチー。実力ではこの馬が上と言ってもいいような内容だったが、位置取りと、あと勝負どころでの手ごたえが少し悪かった。
3着にウインフェニックス。抜け出す脚は良かったが、最後は止まってしまった。
人気のピオネロは8着。やはりこの馬は瞬発力勝負には弱いだろう。じりじりと長くいい脚を使うので、東京などの直線の長いコースが向いている。

1着:ウインマーレライ
2着:クラリティシチー ◎
3着:ウインフェニックス ○

4着:オウケンブラック
5着:ラディウス
結果:ワイド740円的中 +240円


スタートが決まらず最後方からの競馬になったカゼノコ。まさかの後方ポツンの位置取りになる。それとは対照的に、好位の2番手からレースを進めるハッピースプリント。人気の2頭が正反対のレースを進める。
それでも、カゼノコは2コーナーあたりから徐々に動き始め、4コーナーでは好位集団の後ろに付けて、射程圏内に捕らえる。
直線に向くと、ハッピースプリントが抜け出し、その一方でカゼノコは大外でフィールザスマートと馬体をぶつけるようにしてなかなか伸びてこない。
トーシンブリザード以来の南関東三冠馬の誕生か。そう期待が高まる。しかし、それでもカゼノコは外から伸びてきた。確実に一完歩ずつ前に詰め寄る。フィールザスマートとの競り合いから抜け出し、最内で逃げて粘るノースショアビーチも交わす。そして最後の最後、先頭のハッピースプリントに並んでのゴール。
結果は、ハナ差でカゼノコの勝利。見事な末脚で中央馬の底力を見せつけ、南関東三冠を阻止した。
2着にハッピースプリント。単勝1.4倍と地元の大きな期待を背負ってのレースだったが、あまりにも惜しい結果となってしまった。
3着にフィールザスマート。
逃げたノースショアビーチは最後粘り切れず4着。
ランウェイワルツは見せ場なく5着。前走は兵庫CS2着だったが、単に前走はレースのレベルが低かったのかもしれない。
メイショウパワーズは距離が長かったか、9着。

7枠10番カゼノコ秋山56
2:03.9
6枠9番ハッピースプリント吉原56
2:03.9
6枠8番フィールザスマート田中勝56
2:04.0
5枠6番ノースショアビーチ村田56
2:04.0
4枠4番ランウェイワルツ戸崎56
2:04.1
2枠2番ドバイエキスプレス御神本56
2:05.1
7枠11番マキャヴィティ北村宏56
2:06.1
8枠12番オールラウンド本橋56
2:07.0
4枠5番メイショウパワーズ武豊56
2:07.3
8枠13番トーコーガイア木村健56
2:07.3
1枠1番ケージーキンカメ青柳56
2:07.4
5枠7番エスティドゥーラ橋本56
2:10.3
3枠3番ワタリキングオー的場文56
2:13.0

結果:三連複820円的中 +320円
posted by ナイト at 00:43| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください