2014年10月27日

菊花賞&富士S結果

サングラスの逃げをつつくような形で他の馬が付いていくと信じられないハイペースでレースが進む。いくら京都が高速馬場といえど、3000mのレースとは思えないラップで、逃げるサングラスを全馬が追いかけていくという予想外の展開に。
そんな展開でも、この高速馬場で前が止まらない。好位にいたマイネルフロストがまずは直線で抜け出すが、その後ろにいたトーホウジャッカルが交わして行く。
そのトーホウジャッカルに襲い掛かるのが、最内でロスなく回って脚を溜めていたサウンズオブアース。内から馬群を割って伸びて来ると、最後はこの2頭の争いに。
これを制したのはトーホウジャッカル。3分1秒0という超高速レコード決着を見事に制した。これだけの早い時計のレースで、最後まで全く衰えない末脚。圧倒的なステイヤー能力を見せつけてのクラシック制覇となった。
2着にサウンズオブアース。長距離の長い脚を使うレースは厳しいかと思ったが、インでロスなく立ち回り、切れる脚で一気に先頭に迫る鞍上蛯名の好騎乗が光った。この脚が最後まで持続すれば勝てるのだろうが、そこまでの脚はないので、勝ち馬には及ばなかった。それでも夏を超えて完全に馬が強くなっている。
3着にはゴールドアクター。こちらは、この高速馬場に対応するだけのスピード不足で上位2頭に離されたという印象。
4着にタガノグランパ。これらも前にいた馬で、サウスポーでもなく、距離も問題なかった。単純にこの馬は強いと見ていいだろう。
追い込み馬はショウナンラグーンが5着に来るのが精一杯だった。
マイネルフロストはこの枠で最高の競馬をしたように思えたが、最後失速してしまったのは距離の影響か。直線の長いコースで、2000m前後のレースなら今後も勝負になっていい。
ワンアンドオンリーは9着。父ハーツクライ同様、やはりこの距離、このコースはだめなのだろう。
個人的なことだが、ワンアンドオンリーもトゥザワールドも無印で、それが全く馬券圏外だったので、馬券は当たっていないがきちんと馬を見れているような気がして気分はすっきりしている。

1枠2番トーホウジャッカル酒井57
3:01.0
2枠4番サウンズオブアース蛯名57
3:01.1
5枠10番ゴールドアクター吉田隼57
3:01.7
6枠12番タガノグランパ菱田57
3:01.8
3枠6番ショウナンラグーン吉田豊57
3:01.8
8枠16番サトノアラジン浜中57
3:01.9
1枠1番マイネルフロスト柴田大57
3:02.1
4枠7番トーセンスターダム武豊57
3:02.1
7枠15番ワンアンドオンリー横山典57
3:02.2
4枠8番ワールドインパクトブドー57
3:02.2
8枠17番ヴォルシェーブ岩田57
3:02.4
5枠9番ハギノハイブリッド福永57
3:02.5
7枠13番ミヤビジャスパー池添57
3:02.6
8枠18番メイショウスミトモ武幸57
3:03.4
3枠5番シャンパーニュ松山57
3:04.0
7枠14番トゥザワールド川田57
3:05.2
6枠11番アドマイヤランディ藤岡康57
3:05.4
2枠3番サングラス古川57×
3:08.1

結果:-600円


ダノンシャークが残り200mで先頭に立ちそこから抜け出して行き勝ちパターンに持ち込んだかと思いきや、最後の50mで後続に一気に捕まった。
強烈な脚で外からまとめて差し切ったのはステファノス。セントライト記念は不完全燃焼だったが、ここで豪脚を再び披露し、力の差を見せつけた。
2着にはシャイニープリンス。去年の3着馬が今年は2着。このコースが合っているのだろうか。
3着にはレッドアリオン。外から追い込んで来たが3着止まり。
今日はスタートを決めて好位から進んだロサギガンティアは4着だった。
ダノンシャークは7着。前半はスローペースだったが、レース中盤でペースが上がり、先行馬は最後まで脚を持続できない展開になってしまった。このペースのせいで先行馬は全滅。その中で7着に粘ったダノンシャークは評価したいが、それでもこうもあっさり負けるようでは、少し衰えが見え始めているのか。

1着:ステファノス ▲
2着:シャイニープリンス
3着:レッドアリオン

4着:ロサギガンティア
5着:エキストラエンド
結果:-400円
posted by ナイト at 13:12| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください