2014年11月15日

デイリー杯2歳S&武蔵野S予想&エリザベス女王杯予想2

ききょうSを勝ったナヴィオンと、もみじSを勝ったアルマワイオリ、そこにオルフェーヴルの弟アッシュゴールドあたりが人気どころだろう。
本命はナヴィオン。新潟2歳Sは騎乗ミス。離れた最後方から33秒4の上がりを使っているのなら力はやはりある。
アッシュゴールドは兄同様、気分屋な面はありそうだし、兄のドリームジャーニー、オルフェーヴルは小回りコースで圧倒的に強かったことから、未勝利の内回りから今回は外回りになるので強くは狙えない。
あとはグレイスフルワードが気になったが、岩田がこちらではなくタガノエスプレッソに乗るので、押さえはタガノエスプレッソ。

1枠1番ケツァルテナンゴ浜中55
2枠2番ナヴィオン福永56
3枠3番アルマワイオリ勝浦55
4枠4番グレイスフルワードバルザローナ54
5枠5番レザンドゥオールルメール55
6枠6番プリメラアスール54
7枠7番テイエムダンシング和田55
8枠8番タガノエスプレッソ岩田55
8枠9番アッシュゴールド池添55

馬連各100円 2-4 2-8 2-9
自信度★★★☆☆


ベストウォーリアをこのコースで破ったエアハリファ。休み明けだがこのコースなら本命で行く。
対抗はゴールスキー。東京コースは合っていそうだし、前走は59キロを背負って3着なので力負けではないだろう。
トウショウフリークは、折り合いに不安がある馬でむしろ今までなぜこの距離を使ってこなかったのかが不思議。ただ、最近は長距離で結果を残しており、昔よりズブさが出てきている感じはするし、骨折明けということで捨てる。
プロキオンS2着のキョウワダッフィーはこの距離は不安だが一応押さえておく。
函館で連勝したロイヤルクレストは怖い。もともと力は十分通用するだけの馬だったし、去年の秋にこのコースでも勝っており、コース相性も問題ない。
あとは3歳のレッドアルヴィスか。
グレープブランデーは全く復調してこないし、ダノンカモンは最近は地方巡業を続けているが、もう中央で通用しないということなのか。こちらも狙いにくい。
アドマイヤロイヤルも、そろそろ衰えてきただろう。
ワイドバッハやタールタンあたりはオープンまでの馬ではないだろうか。

◎エアハリファ 1
○ゴールスキー 10
▲ロイヤルクレスト 16
△キョウワダッフィー 5
△レッドアルヴィス 4
ワイド各100円 1-10 1-16 1-5 1-4
自信度★★☆☆☆


メイショウマンボが復活すると信じて、他にはラキシスは2200mで強いし、アロマティコは去年もこのレース3着で、三浦とのコンビがどうやら合っているのか。ここ3戦も内差しが板についてきて好調で怖い。
あとは古馬ならフーラブライドも考えたが、京都の軽い芝で差し切るだけのスピードがあるとは思えない。2200mという少し長めの距離は合うだろうが、それでも末脚勝負なら劣るのではないか。
ヴィルシーナは調整が予定通りにいかず、休み明けでぶっつけ本番。ここは狙えない。
ホエールキャプチャもこのコース、距離はベストではないだろう。
それなら前残りを警戒してキャトルフィーユ。高速馬場向きではないと思っているが、前残りは怖いし、ヴィクトリアマイル5着という結果を見ても、意外とスピードのいる勝負で通用しているのが気になるところ。
ディアデラマドレとスマートレイアーは今の京都で直線一気が決まるとは思えない。距離が延びるのも不安ではあるし、どちらも切れる脚は持っているが外に持ち出して追い込むタイプ。G1で外からの直線一気が通用するレベルには至っていないように思える。
それならやはりヌーヴォレコルトと、ショウナンパンドラだろう。ヌーヴォレコルトは前走は勝ち馬にうまく立ち回られたのが敗因。直線の長い外回りコースに替わるのはプラスだろうし、相変わらずこのレースは3歳の軽い斤量が有利。ただ、当初はJCに挑戦を表明していたため、前走のように栗東滞在でここに来れていないのは不安。

1枠1番ラキシス川田56
1枠2番フーラブライド酒井56
2枠3番キャトルフィーユルメール56
2枠4番オメガハートロック小牧54
3枠5番ヌーヴォレコルト岩田54
3枠6番メイショウマンボ武幸56
4枠7番サンシャイン藤岡佑56
4枠8番グレイスフラワー柴田善56
5枠9番ホエールキャプチャ蛯名56
5枠10番ヴィルシーナ内田56
6枠11番レッドリヴェール福永54
6枠12番ショウナンパンドラ浜中54
7枠13番コウエイオトメ北村友56
7枠14番サングレアル戸崎54
7枠15番ディアデラマドレ藤岡康56
8枠16番スマートレイアー武豊56
8枠17番ブランネージュ秋山54
8枠18番アロマティコ三浦56
posted by ナイト at 00:07| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください