2014年11月16日

エリザベス女王杯&福島記念&デイリー杯2歳S&武蔵野S結果

好位でヌーヴォレコルトとメイショウマンボが並ぶようにレースを進め、直線に向かったところでメイショウマンボがずるずる後退。そのスペースに突っ込んだのが、ヌーヴォレコルトの後ろで脚を溜めていたラキシス。
先にヌーヴォレコルトが抜け出し、その外からラキシスが伸びてきて、直線では2頭の叩き合いに。この叩き合いを制したのはラキシス。この秋G1の、重賞未勝利馬がG1制覇の流れはここでも止まらなかった。
2着にヌーヴォレコルト。ほぼ完璧なレースだったように思ったがそれでも2着。古馬には力及ばなかったか。
3着にはディアデラマドレ。後方待機で早めに動いて直線入り口では一気に外から抜き去るかと思われたが、前の2頭が追い出しを始めるとそこには届かなかった。それでも唯一後方、しかも外から一気に伸びてきた脚は評価していいだろう。
4、5着にはこちらも内で脚を溜めた馬、フーラブライドとキャトルフィーユ。今の京都は完全に内有利が続いている。
ショウナンパンドラは後方から外を回す競馬で、秋華賞のような完璧な立ち回りができなかった。それでも6着には追い込んできていたので、やはりG1馬ということでそれなりに力はあるのだろう。
メイショウマンボは全く伸びず。果たしてこの先、復活はあるのかどうか。
スマートレイアーも直線で伸びず。こちらは距離が長かったのかもしれない。

1枠1番ラキシス川田56
2:12.3
3枠5番ヌーヴォレコルト岩田54
2:12.3
7枠15番ディアデラマドレ藤岡康56
2:12.5
1枠2番フーラブライド酒井56
2:12.6
2枠3番キャトルフィーユルメール56
2:12.6
6枠12番ショウナンパンドラ浜中54
2:12.7
7枠13番コウエイオトメ北村友56
2:12.8
8枠18番アロマティコ三浦56
2:13.0
4枠7番サンシャイン藤岡佑56
2:13.1
8枠16番スマートレイアー武豊56
2:13.1
5枠10番ヴィルシーナ内田56
2:13.2
3枠6番メイショウマンボ武幸56
2:13.3
8枠17番ブランネージュ秋山54
2:13.5
7枠14番サングレアル戸崎54
2:13.5
5枠9番ホエールキャプチャ蛯名56
2:13.7
6枠11番レッドリヴェール福永54
2:13.9
2枠4番オメガハートロック小牧54
2:14.1
4枠8番グレイスフラワー柴田善56
2:14.2

結果:-500円


福島らしい大波乱。逃げたメイショウナルトを捕らえたのは、距離延長が不安と思われていたミトラ。最内で脚を溜めたミトラが完勝。重賞初勝利を決めた。
2着にはまさかのフラアンジェリコ。4着の穴馬フィロパトール、5着に最後方から突っ込んだナカヤマナイトもそうだが、結局内を回ったもの勝ちの結果だった。
せっかくの好位からレースを進めたにもかかわらず外を回したダイワファルコンと、さらにその外に行ったムーンリットレイクは4コーナーを回って直線に入った時点で前の集団に離されており、勝負にならなかった。

1着:ミトラ
2着:フラアンジェリコ
3着:メイショウナルト

4着:フィロパトール
5着:ナカヤマナイト ○
結果:-400円


人気のアッシュゴールドは外枠なのでそのまま外を回し、道中少しずつ動いて行き、最後は直線での勝負に。しかし、それよりも前でレースを進めていたタガノエスプレッソを捕らえることができなかった。結局、スローペースで前で押し切ったタガノエスプレッソの勝利。2着にアッシュゴールドとなった。
人気のナヴィオンは内ラチ沿いでレースを進め、最後もインを狙ったものの伸びきれず。今まで外を回す競馬で戦ってきていただけに、内の馬群を抜ける競馬ができなかったか、あるいは距離が長かったか。
もう1頭人気のアルマワイオリは完全に引っかかってしまった。

8枠8番タガノエスプレッソ岩田55
1:35.1
8枠9番アッシュゴールド池添55
1:35.2
2枠2番ナヴィオン福永56
1:35.4
3枠3番アルマワイオリ勝浦55
1:35.6
5枠5番レザンドゥオールルメール55
1:35.7
1枠1番ケツァルテナンゴ浜中55
1:35.8
4枠4番グレイスフルワードバルザローナ54
1:35.8
6枠6番プリメラアスール54
1:36.0
7枠7番テイエムダンシング和田55
1:36.6

結果:-300円


ハイペースのレースとなったものの、好位のインで脚を溜めたエアハリファがタイミングを計って直線で外に持ち出して追い出しを開始すると、逃げる前のカチューシャ、レッドアルヴィスを捕らえて先頭へ。横綱相撲でそのまま押し切るものと思われた。
しかし、ペースが早かったことを味方につけたのはワイドバッハ。最後方から大外に持ち出すと、そこからものすごい脚で追い込んでくる。最後は抜け出したエアハリファを見事に捕らえ、最後方からの直線一気で重賞初勝利を決めた。
2着にはエアハリファ。今回は展開が向かなかったと思うが、それでも2着に粘り、実力を示した。
3着には好位からしぶとく伸びたグレープブランデー。ようやくG1馬が復調してきたか。
3歳のレッドアルヴィスは6着。キョウワダッフィーは距離が長かったか8着だった。

1着:ワイドバッハ
2着:エアハリファ ◎
3着:グレープブランデー

4着:ダノンカモン
5着:フィールザスマート
結果:-400円
posted by ナイト at 16:08| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください