2015年03月28日

日経賞&毎日杯予想&高松宮記念予想2&ドバイミーティング

今週はネット環境が整っていないため簡易予想で。
重賞で好走した実績はある馬ばかりではあるが、ただ実力がある馬なのかと言われると微妙なメンツが揃った日経賞。
実績だけなら断トツのフェノーメノは去年の冬の不調から脱したのかどうか。本命にはできない。
続いて実績のある馬と言えばウインバリアシオンだがこれも去年冬の屈腱炎明けの成績が最悪で、完全に復活できるのか怪しいところ。
そうなれば本命は菊花賞2着馬サウンズオブアース。ネオユニヴァース産駒なので中山でも大丈夫だろう。
対抗にクリールカイザー。切れる脚のない馬なので東京で瞬発力勝負になれば厳しいかもしれないが、中山ならそれなりに時計はかかるし、最近は前から行くのでスローペースの末脚勝負になっても粘りこめるだろう。
それからホッコーブレーヴ。去年2着の豪脚の復活を期待する。
あとはステラウインド。中山コースは合っていそうな気がするのだがどうだろうか。
アドマイヤデウスの日経新春杯はかなりの低レベルのメンツだったので信用できない。
タマモベストプレイは早い上がりを使えないので中山コースは合っていそうではあるが、ここでは実力不足か。
凱旋門賞を宣言していたラブイズブーシェは今年の散々な結果は何なのか。様子見。

◎サウンズオブアース 10
○クリールカイザー 6
▲ホッコーブレーヴ 4
△ステラウインド 12
ワイド各100円 6-10 4-10 10-12
自信度★☆☆☆☆


アンビシャスとアッシュゴールドの2頭が賞金を加算しようと必死のはず。ここは逆らえない。
阪神外回りならアッシュゴールドよりもアンビシャス。何度も書いていることだが、アッシュゴールドの血統はあまり外回りコースで強いイメージはない。
他にチャンスがあるとすればミュゼエイリアンか、折り合ったときのグリュイエールくらいか。

◎アンビシャス 15
○アッシュゴールド 13
▲グリュイエール 2
△ミュゼエイリアン 9
ワイド200円 13-15
ワイド各100円 2-15 9-15

自信度★★★☆☆


ミッキーアイルから流して、やはりストレイトガールは外せないし、香港のエアロヴェロシティも強そう。
そして日曜日の雨予報を考えると今年もコパノリチャードは外せない。
逆に雨ならレッドオーヴァルは狙いにくい。リトルゲルダも怪しいか。
ダイワマッジョーレはこの距離に不安がある。それならまだローブティサージュのほうが怖い。
あとはサドンストームが追い込めるかどうかだが、今年の中京は例年の外差しと違ってやけに内の先行馬が残っているのが気がかり。
ハクサンムーンとアンバルブライベンは逃げ争うだろうから捨てる。

◎ミッキーアイル 16
○ストレイトガール 18
▲エアロヴェロシティ 4
△コパノリチャード 17
△ローブティサージュ 3


今年のドバイは7頭の日本馬が出走。

先陣を切るのはUAEダービーの3頭。ゴールデンバローズ、タップザット、ディアドムス。中でも注目はゴールデンバローズだろう。鞍上にムーアを起用し万全の態勢が整った。今までに日本馬はまともな活躍ができてこなかったレースだが、久々のダートの大物がこのレースに出走。フラムドパシオンがインヴァソールを倒して3着になった時のような、世界の強豪と渡り合うようなレースができるかどうか注目したい。

そしてドバイシーマクラシックにはハープスターとワンアンドオンリーが出走。実力的にハープスターのほうが上だとは思うが、ハープスターは未だにこの2400mという距離が長いのではないかと疑っている。ここで惨敗するようなら距離を短くすることを考えても面白いのではないか。逆に、ここで去年のジェンティルドンナのようにあっさり勝ってしまうのであれば、京都記念の敗戦は何だったのかということになる。

最後のドバイワールドカップは今年、オールウェザーからダートに戻っての開催。そこに去年オールウェザーで大敗したホッコータルマエと、初ダート挑戦のエピファネイアが出走。ダートのドバイワールドカップはカネヒキリでさえ4着と世界には通用しなかったわけで、ホッコータルマエも同じようなことになるのではないかと思っている。だがエピファネイアはどうなのか。JCで勝った時と同じスミヨンが騎乗。時計の早い芝よりは、タフな時計のかかる芝のほうが強いことから、ダートで大化けするのではないかという期待はある。シンボリクリスエス産駒ということからも、ダートでの活躍があってもおかしくはない。母シーザリオ同様、海外での偉業達成となるかどうか。逆に全くダートが合わずの大敗もあり得るが、勝ちを期待できるのはエピファネイアのほうではないだろうか。
posted by ナイト at 09:37| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください