2015年03月31日

2015年プロ野球順位予想

すでに開幕してしまったが、今年のプロ野球の順位予想を。

セリーグ
1位阪神
2位巨人
3位広島
4位DeNA
5位中日
6位ヤクルト

阪神は若手投手陣の台頭で層が厚くなってきている。打撃陣は去年前半は福留と西岡が激突で負傷してともに満足に活躍できなかったが、今年は開幕から活躍を期待できるだろう。去年との大きな変化はないが、安定して高いレベルにあるチームといえる。

巨人は毎年のように主力の衰えが不安に思われているが、気が付けば勝っているチーム。別に個々の成績が良くないにもかかわらず、なぜか勝ててしまう。今年も大きく崩れることはないだろう。ただ、内海、杉内の去年の成績があまりよくなく、盤石だった先発投手陣に不安があるかもしれない。

広島は黒田が加入といっても、バリントンやミコライオが抜けたわけで、投手陣が大きく強化されたわけではないだろう。むしろ、エルドレッドのケガでの離脱は痛い。それでもBクラスに落ちるほどのメンバーでもないだろう。

DeNAは若手投手陣がようやく安定してきて、長年の課題だった投手陣がようやく整備された。そして打撃陣はというと、梶谷、筒香の2人が期待できるものの、ブランコもいないしグリエルが果たして来日するのかどうかというとんでもない不安材料が出てきてしまってはAクラスまでは厳しいという印象。

中日は徐々に若手が出てきてはいるが、それでもまだ打力のほうに課題は残る。投手力は問題ないが、今年は開幕から岩瀬がおらず、中継ぎへのしわ寄せが大きくなりそうで不安が大きい。

ヤクルトは山田や雄平らの打撃に期待はできるが、投手力は成瀬が入ってもまだ物足りない。去年同様、投手力不足に悩むのではないだろうか。


パリーグ
1位ソフトバンク
2位オリックス
3位西武
4位日本ハム
5位ロッテ
6位楽天

ソフトバンクとオリックスの2強といわれているが、ソフトバンクは松田や本多といった主力を途中で欠いて優勝した去年を考えれば、ケガさえなければ今年もソフトバンクでいいだろう。

西武はメヒア、中村の両大砲に期待できるものの、全体として打率が低いのが気がかり。投手陣は充実しているだけに、安定して小技を絡めて戦えるようであれば怖いチームだが、大技に頼る試合になりそうか。ただ、去年は今の田辺監督が就任するまでに大きく負け越していただけに、1年を通して田辺監督が指揮をとれば、一気にチームが変わって上位に食い込んでくる可能性はある。

日本ハムは小谷野、稲葉、金子、大引ら主力が一気に抜けたものの、そういう時に強いのが日本ハム。特に、こういう時の外国人の補強がうまくはまるのがこのチーム。外国人、陽、中田、西川、田中賢介といった主力の活躍があれば今年もAクラスは十分狙えるだろう。問題は先発投手陣か。吉川がエースとして一時活躍したが結局違反球のころの活躍が期待できず、大谷にシーズンを通しての活躍を期待していいものかどうか。

ロッテは今年も変わらないメンバーという印象。成瀬が抜けた穴を新戦力が埋められるかどうかというくらいか。そこまで強調するところもなく、Aクラス入りまでは厳しいのではないか。

楽天はなんといっても投手力不足。先発は則本以外がなかなか信用できない。機動力野球を掲げてはいるものの、投手力が他チームと比べて落ちることは否めない。
posted by ナイト at 14:32| Comment(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください